海外のFlashゲーム文化の貢献者、ビデオゲームの歴史における重要な役割を果たした個人として表彰される。トム・ファブル氏がGDCのパイオニア賞を受賞へ

 現地時間7月19日から23日まで開催されるゲームデベロッパーズカンファレンス(GDC)にて、パイオニア賞にトム・ファルプ氏、生涯功労賞にララリン・マクウィリアムス氏内定した

(画像はGDC公式サイトより)

 GDCパイオニア賞は画期的な技術、ゲームコンセプト、ゲームプレイデザインを開発した個人をたたえる賞だ。これまでに鈴木裕氏ゲイブ・ニューウェル氏が受賞している。

 トム・ファルプ氏は『Castle Crashers』のThe Behemothの共同設立者で、FlashゲームポータルサイトNewgroundsの設立者として有名だ。

 Newgroundsは1995年から続くサービスで、公開当時は「New Ground Remix」としてファルプ氏が制作したポイントアンドクリックアドベンチャーゲームや、その後手に入れたJavaScriptのゲームなどを掲載。1998年にFlash作品に取り組んだ。

 1999年ごろまでは基本的に氏や一部のクリエイターの作品を掲載するウェブサイトだったが、多くのクリエイターが人気サイトとなった氏のウェブサイトで作品の掲載を望んだ。その願いを受け入れ、2000年には掲載プロセスを完全に自動化し、Newgroundsは開かれたプラットフォームとなった。(参考:公式サイト

 ゲームや映像作品を投稿するだけでなく、プレーヤーがレビューを投稿し、フォーラムで交流する総合プラットフォームに成長。2000年代の英語圏インターネットの重要な文化の一翼を担った。2010年のTime誌が選ぶベストインターネットウェブサイトでは39位にランクインしている。

 Flashゲームの影響力とともに少しずつ影響力は落としているが、2021年には大人気ゲームとなった『Friday Night Funkin’』の最新バージョンがNewgroundsで独占公開された。このときはサーバーが落ちるほど大盛況だったという。こうした多くのクリエイターの活動の場を提供したことが今回の受賞につながった。

(画像はNewgroundsより)

 生涯功労賞はゲームとゲーム開発に影響を与えた開発者の功績をたたえる賞だ。これまでにウィル・ライト氏小島秀夫氏が受賞している。

 ララリン・マクウィリアムス氏は30年以上にわたって業界で活躍しているクリエイターだ。 Sony Online Entertainment(SOE)でMMO RPG『Free Realms』のクリエイティブディレクターや、E3 2003でもっとも多くの賞にノミネートされた『フル スペクトラム ウォリアー』のリードデザイナーを務めた。特にMMOゲームの開発で高い評価を受けており、Beckett MASSIVE ONLINE GAMER誌では、「2010年もっともMMOで影響力の高い人々」「2010年MMOのトップ女性クリエイター」にリストされている。

 現在はマイクロソフトの カスタマーサクセスエンジニアリング部門でプリンシパルクリエイティブデザインディレクターを務めている。最近はゲームと健康についてなど、ゲーム開発に関連した講演を行い、ゲーム開発の多様性を高めることを熱心に支持している。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧