盲目の剣士がサイバーパンク世界で戦う2Dアクション『Blind Fate: Edo no Yami』の無料体験版がリリース。音を頼りに見えない敵を検知し、必殺の一撃をたたき込もう

 スペインのゲーム開発会社Troglobytes Gamesは、日本の民話をテーマにしたSFアクションゲーム『Blind Fate: Edo no Yami』の無料体験版をSteamにてリリースした。

 『Blind Fate: Edo no Yami』は、邪悪な将軍が支配する和風サイバーパンクな世界で、盲目の剣士が刀を振るって戦う2Dアクションゲームだ。

 主人公は視覚を奪われたが、鬼の面が周囲のデータを再現してくれるため、真っ暗闇の中で戦う必要はない。ただし、データは過去のデータを参照しているため、現実とは異なる情報も含まれている。また、リアルタイムで位置が変化する敵のデータは、すぐにはシミュレートできない。本作の敵は通常状態ではまったく見えないのだ。

 視覚の疑似データだけでなく、聴覚や温感、匂いセンサーでマップや敵に隠された秘密を解き明かし、江戸の闇を駆け抜けよう。

 過去のデータを利用して周囲を再現するため、前述の通りデータと現実が異なる場合がある。体験版の序盤では目の前に見えるパイプの足場が実はなかったり、視覚情報では開いていない穴が床に開いていたりする。

(画像はSteam『Blind Fate: Edo no Yami』より)
(画像はSteam『Blind Fate: Edo no Yami』より)

 目が見えないという主人公の弱点を支援するのが、主人公に装備された「音」、「温度」、「匂い」のセンサーだ。温度センサーでステージの見えない仕掛けを解き、匂いセンサーで死体の位置を特定、そして聴覚センサーは目に見えない敵の位置を教えてくれる。

 特に聴覚センサーは重要だ。前述の通り、このゲームでステージに登場する敵は最初は透明だ。聴覚センサーを使うことで敵の足音が視覚化され、位置を特定できる。そして攻撃を当て続けることでデータを収集し、最終的には完全に見えるようになる。

 見えるようにすることで、さらに敵の弱点が見えることがある。敵のステータスバーに表示されたアイコンと同じセンサーを使うことで、壊滅的な一撃を与えることもできる。

(画像はSteam『Blind Fate: Edo no Yami』より)
(画像はSteam『Blind Fate: Edo no Yami』より)

 『Blind Fate: Edo no Yami』は2021年中の発売に向けて現在開発中。公式サイトによると、PC(Steam)以外でもPS、Xbox、Nintendo Switchでのリリースが予定されている。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧