「かつてないほどの勢い」で人口増が続く『FF14』、スクエニがログイン人数の上限引き上げや自動ログアウト機能など対策を発表

 スクウェア・エニックスは、最近の『ファイナルファンタジーXIV』(以下、FF14)のすべてのリージョンにおける人口急増について、公式に対処中であることを発表。ログインしづらい状況について謝罪している。

 具体的には、とくに人口が急増する欧米サーバーでワールド内同時ログインキャラクター数の上限を引き上げ、もともと拡張パッケージリリース時に動作させる「自動ログアウト機能」をグローバル版パッチ5.58から緊急措置として稼働させている。

 また、欧米のワールド/論理データセンターの増強を前倒しにすることを検討しているが、こちらはいくつかの問題があり今のところは実現していない。

 くわえて、プレイヤーに向けて、ログイン放置を避けてこまめにログアウトし、新規キャラクター制作はできるだけプレイヤーが多いピークタイムを避けるよう呼びかけている。

「かつてないほどの勢い」で人口増が続く『FF14』、スクエニがログイン人数の上限引き上げや自動ログアウト機能など対策を発表_001
(画像はSteam『ファイナルファンタジーXIV』より)

 最近の『FF14』の人口急増のきっかけは、『World of Warcraft』の熱心なストリーマーであるAsmongold氏が『FF14』を始めたことだと言われている。氏は『World of Warcraft』の最近の状況に批判的で、5月には現在のゲームを批判する文章を公開している。

 Asmongold氏はTwitchで225万人以上のフォロワー、YouTubeでは69万人以上のチャンネル登録者を抱えている大人気配信者だ。そんな氏が『FF14』に挑戦することを発表したところ、氏を一目見ようとした人々のログインで一時はサーバーがダウン。また、デジタル販売される『FF14』のキーが一時的に品切れになるといったことも報告されている。

 どういった流入が起きているか正確には不明だが、『WoW』で影響力の強いストリーマーが『FF14』をプレイしたことが『FF14』の人口増に一役買っていることは間違いないだろう。

 ほかにも、公式発表ではAsmongold氏のストリーミングとはあまり関係がなさそうな地域(中国版、韓国版など)でも、プレイヤー数が増加傾向にあるという。11月に控えた大型拡張版『ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ』の存在も人口増に拍車をかけているのだろう。この拡張版では、メインストーリー「ハイデリン・ゾディアーク編」が完結する。

ライター
「かつてないほどの勢い」で人口増が続く『FF14』、スクエニがログイン人数の上限引き上げや自動ログアウト機能など対策を発表_002
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ