路線図のようなミニマルなアートスタイルが魅力の鉄道路線マネジメントパズルゲーム『Rail Route』が日本語対応

 2人の開発者が運営するゲーム開発会社Bitrich.infoが開発する、鉄道路線を運営するマネジメントパズルゲーム『Rail Route』の7月22日のアップデートで日本語が追加された。

 対応プラットフォームはPC(Steam)で価格は1520円、現在は早期アクセス中だ。

 『Rail Route』は鉄道の運転指令をテーマにしたマネジメントパズルゲームだ。プレイヤーは鉄道会社を経営して路線を拡大し、運転指令としてトラフィックを制御・自動化、稼いだお金でテクノロジーを買い入れてさらに路線の拡大を目指す。

 はじめは手動でも十分運転できる小さな路線を運営することになるが、無数の契約を結んでその通りに運転するために路線は複雑化する。そのため、さまざまなセンサーを用いた自動化が重要になる。

 ゲームには無限に路線を拡張し続けられるエンドレスモードと、指定された目標をこなすパズル要素の強いモードを搭載。また、マップエディタも同梱されているので、地元の路線を再現するなどの楽しみ方も可能だ。

 ミニマルな路線図風のアートスタイルもかっこよく、時刻表や路線図を見るのが好きという方はかなり楽しめそうだ。

路線図のようなミニマルなアートスタイルが魅力の鉄道路線マネジメントパズルゲーム『Rail Route』が日本語対応_001
(画像はSteam『Rail Route』より)
路線図のようなミニマルなアートスタイルが魅力の鉄道路線マネジメントパズルゲーム『Rail Route』が日本語対応_002
(画像はSteam『Rail Route』より)
路線図のようなミニマルなアートスタイルが魅力の鉄道路線マネジメントパズルゲーム『Rail Route』が日本語対応_003
(画像はSteam『Rail Route』より)
路線図のようなミニマルなアートスタイルが魅力の鉄道路線マネジメントパズルゲーム『Rail Route』が日本語対応_004
(画像はSteam『Rail Route』より)
ライター
路線図のようなミニマルなアートスタイルが魅力の鉄道路線マネジメントパズルゲーム『Rail Route』が日本語対応_005
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ