新感覚かくれんぼゲーム『PropHunter』が配信開始。「ハンター」と「オブジェクト」に偽装できる2チームに分かれて、お互いに競い合う。日本語にも対応

 Alone Fox Gameshは、かくれんぼゲーム『PropHunter』の早期アクセス版を配信開始した。プラットフォームはPC(Steam)。価格は税込410円。Steamのストアページによると、日本語に対応している。

 また8月14日まで税込287円(30%オフ)のセールを実施する。

(画像はSteam『PropHunter』より)

 『PropHunter』は、人間の「ハンター」チームと、物やオブジェクトに偽装できる「小道具」(「プロップ」)チームに別れ、ハンターチームが小道具チーム全員を探し当てる新感覚かくれんぼゲーム。

 小道具は、オブジェクトに偽装して隠れるだけでなく、相手にぶつかることによりハンターにダメージを与えることができる。一定のダメージを受けたハンターは小道具チームへの加入することになる。また逆に見つけられた小道具は、ハンターチームに加入することになる。

 決められたラウンドの時間が終了したとき、小道具が1人でも生き残っていれば、ハンターチームの負け、小道具チームの勝利となる。

(画像はSteam『PropHunter』より)
(画像はSteam『PropHunter』より)
(画像はSteam『PropHunter』より)
(画像はSteam『PropHunter』より)

 ハンターと小道具のチームには固有スキルがあり、勘を働かせたり、透明になったり、爆弾を投げたりすることができる。それぞれのスキルはランダムで落ちているカードを入手することで使用が可能だ。

 プレイヤーは、オンラインのオープンサーバーで自由に遊んだり、友達を誘ってプライベートサーバーでプレイすることができるので、気軽にプレイすることができる。

 新感覚かくれんぼゲーム『PropHunter』は、早期アクセス版で配信中だ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ