日常浸食ホラーゲーム『つぐのひ』Steam版が発売。最新作を含むシリーズ8作品のほか、バーチャルタレント・キズナアイさんとのコラボ作も収録

 ゲーム連載メディア「ゲームマガジン」を運営する株式会社バカーと厳選したインディーゲームを販売するPLAYISMは、日常浸食ホラーゲーム『つぐのひ』Steam版を8月13日(金)に発売した。価格は税込980円。配信開始にあわせて、バーチャルタレントであるキズナアイさんとコラボレーションしたゲーム『アイの亡き声』の収録も明らかとなっている。

 2012年に第1作が発表された『つぐのひ』は、個人ゲームクリエイターのImCyan(アイムシアン)氏によるシリーズ作品だ。主人公を左へ動かすのみのシンプルな操作と次第に変化する背景・サウンドが特徴である。本作を取り上げたゲーム実況動画がきっかけで話題となり、これまでには累計で5400万回以上の動画再生回数を記録。2015年にはシリーズ第4作を原作とする実写映画『死臭 つぐのひ異譚』も公開された。

 今回配信されたSteam版では、リマスター化された旧作『日常侵食リアルホラーつぐのひ』のシリーズ3作品と新作シリーズから4作品を収録。Steam版のための新作ストーリー『つぐのひ -霊刻の踏切り-』や本発表で明らかとなった『アイの亡き声』も含めて、合計の収録数は9作品となっている。

日常浸食ホラーゲーム『つぐのひ』Steam版が発売。最新作を含むシリーズ8作品のほか、バーチャルタレント・キズナアイさんとのコラボ作も収録_001
『日常侵食リアルホラーつぐのひ 第一話』
日常浸食ホラーゲーム『つぐのひ』Steam版が発売。最新作を含むシリーズ8作品のほか、バーチャルタレント・キズナアイさんとのコラボ作も収録_002
『つぐのひ -霊刻の踏切り-』
日常浸食ホラーゲーム『つぐのひ』Steam版が発売。最新作を含むシリーズ8作品のほか、バーチャルタレント・キズナアイさんとのコラボ作も収録_003
『アイの亡き声』

 なお、東京・千代田区のアートギャラリー「DUB GALLERY AKIHABARA」では、シリーズ初のポップアップストアを8月21日(土)まで開催中だ。会場では撮影スポットやゲームの試遊を体験できるほか、8月13日(金)17時からはキズナアイさんとのコラボTシャツも販売されているので、首都圏にお住まいの方は感染対策を十分に施したうえで訪れてみるとよいだろう。

 また、PLAYISMの公式Twitterアカウント(@playismJP)では、ポップストア商品であるトレーディングミニアクリルスタンド(全9種+シークレット1種、ランダム封入)のプレゼントキャンペーンも開催中。興味があればあわせてチェックしてみてほしい。

日常浸食ホラーゲーム『つぐのひ』Steam版が発売。最新作を含むシリーズ8作品のほか、バーチャルタレント・キズナアイさんとのコラボ作も収録_004
『つぐのひ』とキズナアイさんのコラボTシャツ

 「ゲームマガジン」からのリリース文は以下のとおり。

> 個人ゲームクリエイターを支援し作品を連載するゲームマガジン <<
『つぐのひ』シリーズ キズナアイとのコラボゲーム解禁!

特設サイト URL ▶ https://store.steampowered.com/app/1322300/
キズナアイ LIVE 配信 URL ▶ https://youtu.be/QtejadV40d8

日常浸食ホラーゲーム『つぐのひ』Steam版が発売。最新作を含むシリーズ8作品のほか、バーチャルタレント・キズナアイさんとのコラボ作も収録_005

この度、株式会社バカー(代表取締役:中西洋介 本社:東京都中野区 https://www.gamemaga.jp/)が運営するゲーム連載メディア『ゲームマガジン』と、インディーゲームを厳選し販売する『PLAYISM』(株式会社アクティブゲーミングメディア)は、2021 年 8 月 13 日より Steam にて『つぐのひ』をリリース。

さらには今回の Steam 版にて、日本のバーチャルタレント・キズナアイとのコラボゲーム『アイの亡き声』が収録されていることも初解禁しました。

■プレイ開始:2021 年 8 月 13 日(金)16:00(予定)若干前後する可能性があります。
■専用サイト:https://store.steampowered.com/app/1322300/
※一部端末で非対応(通信環境や端末のスペックによってプレイできない可能性があります。)

キズナアイが『つぐのひ』の世界に迷い込む!?
『つぐのひ -アイの亡き声-』Steam 版に収録決定!

ImCyan(アイムシアン)氏の名作ホラーゲーム『つぐのひ』と大人気バーチャルタレント・キズナアイの夢のコラボが実現! 『アイの亡き声』というタイトルで、『つぐのひ』Steam 版に収録されます。

バーチャル空間に住むキズナアイは、今日も配信を終えて「おうち」へと帰ります。しかし、彼女のいる世界は少しずつ、少しずつ…謎の人影によって侵食されていき――?
身の毛もよだつ、恐怖のギミックの数々をどうぞ心行くまでお楽しみください。

他作品と同じく、左スクロール移動で物語が展開していきます。ゲームプレイ時間は 20 分~30 分です。

【 Kizuna AI(キズナアイ)とは? 】

日常浸食ホラーゲーム『つぐのひ』Steam版が発売。最新作を含むシリーズ8作品のほか、バーチャルタレント・キズナアイさんとのコラボ作も収録_008
©Kizuna AI

2016 年 12 月に活動を開始したバーチャルタレント、音楽アーティスト。YouTube チャンネルをはじめ各 SNS 等と合わせた登録者数が合計 1000 万人を突破し、幅広く活動をしている。

2021 年 1 月には、自身初の xR ライブ「Kizuna AI 2nd LIVE “hello, world 2020″」を開催し、アメリカ大手エージェント会社”UTA”とのパートナーシップを発表した。

■公式 WEB サイト:http://kizunaai.com/
■YouTube チャンネル:
A.I. Channel ⇒ https://goo.gl/uMP1DM
A.I. Games ⇒ https://goo.gl/Xn7u84

Steam オリジナル新作や『つぐのひ』過去7作も
Steam でプレイ可能に!

今回 Steam にて販売開始の『つぐのひ』には、オリジナル新作『霊刻の踏切り』や、国内外で人気を浴びている過去7作も収録されています。どの作品も、操作方法は主人公を左へ動かすのみとなっているため、ゲームが苦手な方でもプレイ可能です。日常が徐々に不穏に包まれて行く、恐怖への変化をお楽しみください――。

▼つぐのひ -霊刻の踏切り-『幽闇の並葬電車』に関連した Steam 版オリジナル新作ストーリーとなっており、6 月 16 日~6 月 22 日間に行われた PLAYISM 主催イベント「Steam Next Fest」などで一部先行配信した際、多くの方にプレイいただきました。

主人公は、双子の妹を電車事故で亡くしてしまった少女。学校から帰宅する彼女は、もうこの世にはいない片割れに思いを馳せます。その道中、事故現場を通りかかりますが…。

日常浸食ホラーゲーム『つぐのひ』Steam版が発売。最新作を含むシリーズ8作品のほか、バーチャルタレント・キズナアイさんとのコラボ作も収録_009

▼日常侵食リアルホラーつぐのひ 第一話、第二話、第三話(リマスター版)

第一話は学校帰りの男子中学生、第二話は部活帰りの女子中学生、第三話は学校帰りの女子小学生が主人公。町中を歩いていた彼らに、恐怖が襲い掛かります…。
※旧作の第一話、第二話、第三話の画像を綺麗にし、演出を強化したリマスターバージョンが収録されています。

▼つぐのひ -閉ざされた未来

重い足取りで帰宅する女子学生。

その日の出来事を思い返しながら、憂鬱な気分に陥った彼女は、ふと橋の真ん中で足を止めて――。

日常浸食ホラーゲーム『つぐのひ』Steam版が発売。最新作を含むシリーズ8作品のほか、バーチャルタレント・キズナアイさんとのコラボ作も収録_012

▼つぐのひ ~ねこのひ怪奇譚~

コンクリートの道を悠々と闊歩するひとつの影…本作の主人公はなんと『猫』!

2 月 22 日に発表された、いつもとは少し雰囲気の違う“猫視点”の一作品。

日常浸食ホラーゲーム『つぐのひ』Steam版が発売。最新作を含むシリーズ8作品のほか、バーチャルタレント・キズナアイさんとのコラボ作も収録_013

▼つぐのひ -幽闇の並葬電車

本作の舞台は電車の中。

塾の最寄り駅に到着するまで本を読んで過ごし、アナウンスがあったら移動する。そんな日々を繰り返す少女に、不穏な影が…。

日常浸食ホラーゲーム『つぐのひ』Steam版が発売。最新作を含むシリーズ8作品のほか、バーチャルタレント・キズナアイさんとのコラボ作も収録_014

▼つぐのひ -囁く玩具の家

怪しくも魅惑的なアンティークの玩具がずらりと並ぶ、謎に満ちた洋館。

その場所へひとり訪れた彼女は、何者かの声に導かれて…奥へ、奥へと進んでゆきます。

日常浸食ホラーゲーム『つぐのひ』Steam版が発売。最新作を含むシリーズ8作品のほか、バーチャルタレント・キズナアイさんとのコラボ作も収録_015

【 「つぐのひ」シリーズとは? 】

ImCyan(アイムシアン)氏は、インディーゲームクリエイターとして、数々のホラー作品を作り続けてきました。代表的な作品が、『つぐのひ』シリーズです。第 1 話が 2012 年にネット上で「超怖い」と話題になり、2018 年夏も『つぐのひ -閉ざされた未来-』がYouTube 上のゲーム実況を中心に大人気を博しました。『つぐのひ』シリーズは、その人気から海外ファンによって中国語や韓国語に翻訳されたほか、2015 年に『死臭-つぐのひ異譚-』として映画化されました。スマホアプリ「ゲームマガジン」では、『つぐのひ第一話』『つぐのひ -閉ざされた未来-』に続いて、『つぐのひ第二話』『つぐのひ~ねこのひ怪奇譚~』『つぐのひ -幽闇の並葬電車-』『つぐのひ -囁く玩具の家-』がプレイ可能です。(「ゲームマガジン」アプリ URL:https://www.gamemaga.jp/app/

▼ゲームマガジンにて『つぐのひ -昭和からの呼び声-』も好評配信中

母の出張が理由で、田舎の祖母の家へと預けられた少女。夕焼け空をバックに鳴り響く蝉の声、豆腐屋の音色…どこか哀愁漂うその土地に不満をこぼしつつも、祖母の家に無事たどり着いた彼女ですが…。
公式サイト:https://www.gamemaga.jp/tsugunohi/

日常浸食ホラーゲーム『つぐのひ』Steam版が発売。最新作を含むシリーズ8作品のほか、バーチャルタレント・キズナアイさんとのコラボ作も収録_018
日常浸食ホラーゲーム『つぐのひ』Steam版が発売。最新作を含むシリーズ8作品のほか、バーチャルタレント・キズナアイさんとのコラボ作も収録_019

▼8 月 21 日(土)まで“日常侵食空間「つぐのひ展」 in 秋葉原”開催中

8 月 6 日より、株式会社インドア(INDOR)(代表:佐川竜朗 本社:東 京都千代田区 https://indor.jp/)主催で『つぐのひ』の初めてとなるイベント“日常侵食空間「つぐのひ展」 in 秋葉原”を開催しています。

本イベントでは、『つぐのひ』シリーズの世界を再現した撮影スポットや、その場で『つぐのひ』をプレイできる試遊プレイスポットを設けているほか、会場内でオリジナルグッズも販売しております。

■日程:8 月 6 日(金)~8 月 21 日(土) ※日祝休み
■場所:DUB GALLERY AKIHABARA
東京都千代田区神田佐久間町 1–14 第 2 東ビル 2 階 216 号室 ※秋葉原 駅徒歩 1 分
■公式サイト:http://indor.jp/tsugunohi.html
※感染対策に十分に配慮するため、入口でのマスク着用・体温の確認を実施いたします。

▼ミニアクスタ
全 10 種類(シークレットあり)
価格:660 円(税込)

日常浸食ホラーゲーム『つぐのひ』Steam版が発売。最新作を含むシリーズ8作品のほか、バーチャルタレント・キズナアイさんとのコラボ作も収録_020

▼T シャツ(S,M,L,XL)
全 1 種類
価格:3,850 円(税込)

日常浸食ホラーゲーム『つぐのひ』Steam版が発売。最新作を含むシリーズ8作品のほか、バーチャルタレント・キズナアイさんとのコラボ作も収録_021

▶キズナアイとのコラボ T シャツも
S,M,L,XL の4サイズで
8 月 13 日 17:00 より販売開始!
全 1 種類
価格:3,850 円(税込)

ほかにも様々なグッズを販売しております!

株式会社バカー

代表者:中西洋介
住所:東京都中野区中野 6-21-1
会社 H P:https://www.vaka.co.jp/
事業内容:
ゲーム配信メディア「ゲームマガジン」にて、インターネット上にて個人でゲームを制作・投稿してきたクリエイターに連載・発表の場を与え、作品の PR・マーケティングを行う。小説化・漫画化・グッズ化、さらにはアニメ化・スマホアプリ化などの支援も行い、 近年は新人賞も開催している。有名作は 2018 年にアニメ化された『殺戮の天使』をはじめ、『被虐のノエル』『アルネの事件簿』『つぐのひ』シリーズなど。

2019 年 10 月に MBO を行って、KADOKAWA グループより独立。今後、より幅広くインディーゲーム作家を支援する新規プロジェクトを展開予定。

ゲームマガジンとは?

ゲーム配信メディア「ゲームマガジン」にて、インターネット上にて個人でゲームを制作・投稿してきたクリエイターに連載・発表の場を与え、作品の PR・マーケティングを行う。小説化・漫画化・グッズ化、さらにはアニメ化・スマホアプリ化などの支援も行い、 近年は新人賞も開催している。有名作は 2018 年にアニメ化された『殺戮の天使』をはじめ、『被虐のノエル』『アルネの事件簿』『つぐのひ』シリーズなど。

ゲームマガジン HP:https://www.gamemaga.jp/

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ