「ゴルフ煉獄」を脱出せよ。かわいいドット絵が魅力の2Dゴルフ風アドベンチャーゲーム『Cursed to Golf』発表

 京都に本拠地をおくゲームスタジオChuhai Labsより、ゴルフ風アドベンチャーゲーム『Cursed to Golf』が発表された。対応機種はNintendo SwitchおよびPC(Steam)とされ、2022年の発売を予定している。

 プレイヤーは「呪われたゴルファー」。不慮の事故で死んでしまったのち、ゴルフ煉獄に囚われたという設定だ。本作の基本システムは2Dタイプのゴルフゲームを踏襲しており、既定のパーカウント以内に1ホールを回ることでステージクリア。ただし、ステージ上にはトゲやTNT爆弾、テレポーターといった障害物が立ちふさがる。

(画像は『Cursed to Golf』Steamストアページより)

 これらのハードルを突破するための手段として、コースを見渡せる「バーディ・アイ」や残りのショット数を増やすことができる「ショットの像」、そして強力な効果を得られる「エースカード」の存在が明らかにされている。

「エースカード」はショップでの購入が可能(画像は『Cursed to Golf』Steamストアページより)

 本作では100以上のホールが用意され、その中からランダムに選ばれたコースに挑む。プレイするたびに体験が変わるローグライクの要素と、作りこまれたコースを攻略する楽しみを両立させる形となるようだ。

ルート分岐の戦略性も用意されるようだ(画像は『Cursed to Golf』Steamストアページより)

 なお、本作のプロトタイプバージョンがitch.ioにて無料で公開されている。ブラウザからすぐに遊べるようになっているため、発売が待ち遠しいという方はそちらに挑戦するのもおすすめだ。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ