『ファイナルファンタジー』シリーズのリマスター5作品が「PS Now」に9月7日より順次展開へ

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、定額のクラウドゲーミングサービス「PS Now」にて、スクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジー』シリーズの5作品が対象になったことを発表した。

 対象タイトルと配信日時は以下の通り。

2021年9月7日(火):『FINAL FANTASY VII』
2021年10月5日(火):『FINAL FANTASY VIII Remastered』
2021年11月2日(火):『FINAL FANTASY IX』
2021年12月7日(火):『FINAL FANTASY X/X-2 HD Remaster』
2022年1月4日(火):『FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE』

<PS Now 利用権 価格一覧>
1ヶ月利用権 1180円(税込)
3ヶ月利用権 2980円(税込)
12ヶ月利用権 6980円(税込)

 対象となった作品はいずれもリマスター作品で、ストーリーを忠実に移植。オリジナル本来の面白さを味わうことができる。リメイク版『FINAL FANTASY VII』をプレイしたものの、オリジナル版をプレイしてみてはいかがだろうか。

 またグラフィックは高解像度・高品質化が行われており、さらに美麗になっている。特に『FINAL FANTASY VIII Remastered』ではキャラクターモデルを一新しており、より鮮明なモデリングとなっている。

(画像はGRAPHIC | FINAL FANTASY VIII Remastered | SQUARE ENIXより)
(画像はGRAPHIC | FINAL FANTASY VIII Remastered | SQUARE ENIXより)
(画像はOTHER | ゲームシステム | ファイナルファンタジー IX for SP,PC&PS4 | SQUAREENIXより)
(画像はCHARACTER | FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE | SQUARE ENIXより)

 他にも『FINAL FANTASY VII』、『FINAL FANTASY VIII Remastered』、『FINAL FANTASY IX』、『FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE』ではゲーム速度をあげる機能が搭載されており、より快適にプレイすることができる。

 『FINAL FANTASY X/X-2 HD Remaster』では約60曲をリマスター&アレンジされており、『FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE』ではすべての音楽を生演奏で再レコーディングしている。またオリジナルの音源もコンフィグから切り替えも可能だ。

 もちろんトロフィーにも対応しており、目的を持ったやり込みをすることも可能だ。

 『ファイナルファンタジー』シリーズのリマスター作品は、9月7日(火)より順次、PS Nowにて展開予定だ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧