雑誌「アイデア」395号は「ゲーム体験とユーザーインターフェイス」を特集。スクウェア・エニックスの三宅陽一郎氏が監修

 誠文堂新光社は、雑誌「アイデア」の395号にて、三宅陽一郎氏の監修によるビデオゲームのユーザーインターフェイス、ユーザーエクスペリエンスを軸に「ゲーム画面」を特集する。

 「アイデア」395号は9月10日(金)に発売を予定している。価格は税込3300円。

 「アイデア」は、誠文堂新光社が発行しているアートデザインを取り扱う雑誌。

 今回の特集「世界設計の方法 ゲーム体験とユーザーインターフェイス」では、UI(ユーザーインターフェイス)、UX(ユーザーエクスペリエンス)、描画表現の工夫などを取り扱い、ゲーム開発者でありAI研究者としても活躍するスクウェア・エニックスの三宅陽一郎の監修のもと、幅広く作品を選定している。

 公式サイトによれば『ウィザードリィ』、『ソーサリアン』などの80年代のゲームから、90年代の『スーパーマリオワールド』、『ファイナルファンタジーIV』、『メタルギアソリッド』、2000年代の『グランド・セフト・オートIII』、『世界樹の迷宮』、近年の『十三機兵防衛圏』、『Detroit: Become Human』など幅広いゲームを扱うようだ。

(画像はTwitterより)

 三宅氏によるコラム「リアルタイムゲームと非リアルタイムゲームのUI画面設計」、「ゲームにおける地図のデザイン」、「人工知能を用いるマップ」、さらに「日本ファルコム」と「ビサイド」のインタビューを掲載している。

 ゲームの歴史に照らしあわせて「ゲーム画面」そのものを取り扱う骨太な特集になっていそうだ。「アイデア」395号は9月10日に発売予定だ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ