『L4D』のスタッフによる協力型のゾンビFPS『Back 4 Blood』の「クリーナー」達の戦闘を描くトレーラーが公開

(画像はBuy Back 4 Blood: Standard Edition – Microsoft Store en-CAより)

 Turtle Rock Studiosは9月15日に、『Back 4 Blood』の戦闘し生き延びる様を中心に描いた新たなトレーラーを公開した。

 『Back 4 Blood』は、『Left 4 Dead』シリーズのスタッフが手掛ける新作の協力型FPSゲームだ。独自のタイトルながらも、ゲームシステムは『Left 4 Dead』シリーズを踏襲したものとなっており、プレイヤーは4人で協力してゾンビと戦ったり、生存者とゾンビに分かれて対戦を行えるという。

 今回公開されたトレーラーでは諸悪の根元として小さな寄生虫の存在も描かれており、今作のゾンビは「リドゥン」と呼ばれ、プレイヤーは「リドゥン」との戦闘を行うプロフェッショナルである「クリーナー」となり、仲間と協力して戦場を駆け抜ける。

 本作には、「AI Director」を搭載しており、これにより同じマップでも敵やアイテムの出現が同一のパターンではなくなり、ゲームプレイの新鮮さとスリルを増幅させてくれるだろう。

 『Back 4 Blood』は日本からアクセスしたSteamストアページの表記によると、日本時間の10月13日発売予定。価格はいずれも税込で、通常版が8580円、デラックス・エディションが11550円、アルティメット・エディションが1243円となっている。

 対応プラットフォームはXbox Series X|SXbox OnePS4PS5PC(Microsoft Store、Steam、Epic Games Store)で、公式サイトから各プラットフォームごとの予約販売ページにアクセスできる。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ