シリーズ最新作『悪魔城ドラキュラ – Grimoire of Souls』が配信開始。「アルカード」「シモン」など歴代のキャラクターがプレイアブルで登場

 コナミデジタルエンタテインメントは9月17日(金)、『悪魔城ドラキュラ – Grimoire of Souls』を配信開始したことを発表した。

 本作は1986年から続く『悪魔城ドラキュラ』シリーズの最新作となり、シリーズ歴代のキャラクターを操作できる横スクロールアクションゲームとなっている。 
 60ものステージが用意されるほか、今後のアップデートによって、新たなステージの追加や季節イベントなども予定されているようだ。

 キャラクターデザインは小島文美氏、楽曲は山根ミチル氏が担当。『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』など過去の『悪魔城ドラキュラ』シリーズも手がけたおなじみのタッグで新たな物語が描かれる。

 ゲームプレイでは「アルカード」「シモン」などのシリーズ歴代キャラクターがプレイアブルで登場。キャラクターごとに異なる武器やアクションが楽しめる。

 『悪魔城ドラキュラ – Grimoire of Souls』はApple Arcadeにて9月17日より配信中。なお、Apple Arcadeは1か月の無料トライアル後、月額600円(税込)のプランで利用できる。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ