ヨコオタロウ氏らによる新作カードバトルRPG『Voice of Cards ドラゴンの島』が10月に配信決定。無料の体験版も公開中

 任天堂は9月24日(金)、オンライン番組「Nintendo Direct 2021.9.24」にて、スクウェア・エニックスが開発するNintendo Switch用ソフト『Voice of Cards ドラゴンの島』の配信を2021年10月28日(木)に開始すると発表した。あわせて同作の体験版がニンテンドーeショップにて公開されている。

 『Voice of Cards ドラゴンの島』は、テーブルトークRPGを題材としたカードバトルゲーム。プレイヤーは剣と魔法によるファンタジー世界を舞台に、ゲームマスターとなって自称勇者の主人公によるドラゴンの討伐の旅をナビゲートする。

 『NieR』シリーズや『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズの開発で知られるヨコオタロウ氏や岡部啓一氏、藤坂公彦氏を制作陣に迎えた本作では、キャラクターのみならずフィールドやダンジョン、街を含む全てがカードで表現されている

 コマとなってカードの上を移動しながら魔物との戦いやクエストの依頼に応えて、世界に恐怖をもたらすドラゴンを退治しよう。

(画像はYouTube「『Voice of Cards ドラゴンの島』トレーラー」より)
(画像はYouTube「『Voice of Cards ドラゴンの島』トレーラー」より)
(画像はYouTube「『Voice of Cards ドラゴンの島』トレーラー」より)

 『Voice of Cards ドラゴンの島』は、10月28日にNintendo Switch向けのリリースを予定。販売価格は3520円となっており、ゲーム内のカードやコマを『ニーア レプリカントver.1.22474487139…』をモチーフとしたデザインにカスタム可能なDLC7種をはじめ、キャラクターやエネミーのイラストをドット絵風に変更できるDLCを加えた『+ DLCセット』も4536円(各税込)で発売される。

 なお同作はPS4、PC(Steam)向けにも展開予定で、PS4版も同日より体験版が配信中。発売日はそれぞれPS4版が10月28日、Steam版のみが10月29日のリリースとなる。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ