次世代OS「Windows 11」が正式リリース開始。PCゲームのハイダイナミックレンジに自動アップグレードのほか、ロード時間の短縮などの機能が搭載

 マイクロソフトは、次世代OS「Windows 11」を本日10月5日に正式リリースした。

 Windows 10からのWindows 11への無料アップデートも同日に開始している。Windows Updateを通してデバイスの適格性を考慮して自動アップグレードとして段階的に提供されるが、手動インストール版も配信開始している。

 Windows 11は、マイクロソフトが開発した最新のOSだ。

 ユーザーエクスペリエンスが向上されており、スタート画面とタスクバーのボタンが中央に配置されるなど、デザインが再構築されている。

 またWebブラウザ「Microsoft Edge」と新しいウィジェットは、AIによってパーソナライズされており、ユーザーが関心ある情報にすばやくアクセスすることができるという。さらに障がいを持つ人のために、障がいを持つ人々によって構築された新しいアクセシビリティが搭載されている。

 またゲーム用途としては「PCゲーム体験を次のレベルに引き上げることができる革新的な新機能を備えています」とのこと。

 HDR対応のディスプレイがある場合、「Auto HDR」により1000を超えるDirectX11およびDirectX12のゲームをハイダイナミックレンジに自動的にアップグレードし、広い範囲の色と明るさをレンダリングする。

次世代OS「Windows 11」が正式リリース開始。PCゲームのハイダイナミックレンジに自動アップグレードのほか、ロード時間の短縮などの機能が搭載_001
(画像はIntroducing Windows 11 | Windows Experience Blogより)
次世代OS「Windows 11」が正式リリース開始。PCゲームのハイダイナミックレンジに自動アップグレードのほか、ロード時間の短縮などの機能が搭載_002
(画像はIntroducing Windows 11 | Windows Experience Blogより)
次世代OS「Windows 11」が正式リリース開始。PCゲームのハイダイナミックレンジに自動アップグレードのほか、ロード時間の短縮などの機能が搭載_003
(画像はIntroducing Windows 11 | Windows Experience Blogより)
次世代OS「Windows 11」が正式リリース開始。PCゲームのハイダイナミックレンジに自動アップグレードのほか、ロード時間の短縮などの機能が搭載_004
(画像はIntroducing Windows 11 | Windows Experience Blogより)

 Xbox Series X|Sに導入されているDirectStorageのサポートが含まれており、NVMeソリッドステートドライブおよびDirectX12 GPUと組み合わせると、DirectStorageを実装するゲームでは、ロード時間が短縮される。

 Xboxアプリが組み込まれており、Xbox Game Pass for PCに加入すればさまざまなゲームにアクセスが可能だ。

 また後日のアップデート対応となるが、新しくなったMicrosoft StoreからAndroidのモバイルゲームとアプリWindowsで実行することができるようになる。

 既存のPCだけでなく、Windows11がプリインストールされた新しいPCも販売が開始されているので、この機会にPCを新調しようと思った人やOSをアップグレードを検討している人はチェックしてみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ