初代『ゴーストリコン』が期間限定で無料配信スタート。アクションだけでなく戦略的な指示が重要なタクティカルシューター、10月12日午前2時まで

 Ubisoftは、初代『ゴーストリコン』(Tom Clancy’s:Ghost Recon)を期間限定で無料で配信すると発表した。日本時間10月12日午前2時まで無料でダウンロードが可能だ。対象プラットフォームはPC(Ubisoft Connect)となる。

 またあわせて『ゴーストリコン ワイルドランズ』のDLC「フォールン ゴースト」、『ゴーストリコン ブレイクポイント』のDLC「ディープ ステート アドベンチャー」も無料配信を開始している。こちらは対象プラットフォームをPC、コンソールから選べる形となっている。

初代『ゴーストリコン』が期間限定で無料配信スタート。アクションだけでなく戦略的な指示が重要なタクティカルシューター、10月12日午前2時まで_001
(画像はゴーストリコン20周年記念無料ダウンロード(2021年10月)より)

 初代『ゴーストリコン』は2001年(日本では2002年)にPC向けに発売された一人称視点のタクティカル・シューター。のちにPS2、Xboxにも移植がされている。なお以後のシリーズでは三人称視点が定着しているが、本作は一人称視点となる。

 舞台は2008年。クーデターを起こしロシアを乗っ取った国粋主義者たちが旧ソ連国への侵攻を開始し、ロシア国境で戦争が勃発した。それに対処するため、NATOは特別に訓練させた「ゴースト部隊」を出撃させる。

初代『ゴーストリコン』が期間限定で無料配信スタート。アクションだけでなく戦略的な指示が重要なタクティカルシューター、10月12日午前2時まで_002
(画像はSteam「Tom Clancy’s Ghost Recon」より)
初代『ゴーストリコン』が期間限定で無料配信スタート。アクションだけでなく戦略的な指示が重要なタクティカルシューター、10月12日午前2時まで_003
(画像はSteam「Tom Clancy’s Ghost Recon」より)
初代『ゴーストリコン』が期間限定で無料配信スタート。アクションだけでなく戦略的な指示が重要なタクティカルシューター、10月12日午前2時まで_004
(画像はSteam「Tom Clancy’s Ghost Recon」より)

 ゲームは6人で編成される部隊として出撃。プレイヤーはそのなかのひとりの兵士を一人称視点で操作していくが、いつでも操作する兵士を切り替えることが可能だ。

 ひとりだけのキャラクターでは攻略が困難な難易度に設定されており、プレイヤーによるキャラクターの操作だけではなく、仲間への指示も重要になってくる。なお操作キャラクターが死んでしまうと、他のキャラクターに操作が切り替わる。

 こうしたFPSとしてのプレイヤースキルだけではなく、部隊への戦略的な指示が重要になっているため、本作は『レインボーシックス』、『SWAT3』、『オペレーションフラッシュポイント』と並び、タクティカルシューターというジャンルを洗練させたと評価されている。

 今回の無料配信は本作の20周年を記念してのもの。この機会にシリーズの原点となる作品を遊んでみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ