すぎやまこういち氏が9月30日に逝去、『ドラゴンクエスト』シリーズなどで多くの楽曲を手掛ける。90歳

 スクウェア・エニックスは、『ドラゴンクエスト』シリーズや『亜麻色の髪の乙女』で知られる作曲家のすぎやまこういち氏が、敗血症性ショックのため9月30日に逝去したことを伝えた。90歳だった。

 なおスクウェア・エニックスによると「ご遺族のご意向により、 ご弔問・ご香典・ご供物・ご献花その他は辞退申し上げます。 後日、皆様とのお別れの会を行う予定としておりますが、日程等につきましては未定でございます」としている。

 すぎやまこういち氏は1931年4月11日、東京都生まれ。ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズをはじめとして、『亜麻色の髪の乙女』、『花の首飾り』、『恋のフーガ』、『学生街の喫茶店』など多くのヒット曲を手掛けた。またアニメや特撮では、『伝説巨神イデオン』、『帰ってきたウルトラマン』、『ゴジラ対ヘドラ』、『ゴジラVSビオランテ』などの楽曲も手掛けている。

 またフジテレビ時代にはディレクターとして「おとなの漫画」、「ザ・ヒットパレード」、「新春かくし芸大会」などのヒット番組の演出を手がけたことでもで知られている。

 幼少のころより音楽を愛する家庭で育ち、高校在学中より作曲を開始。東京大学を卒業した後は文化放送に入社した。その後、開局1年前のフジテレビに入社し、ディレクターとしてヒット番組を手掛けた。放送局に就職したのは、高い授業料を払って音楽学校に入るよりも、現場で働きながら音楽を学べる機会があると考えたからだという。

(画像は訃報 すぎやまこういち氏 ご逝去 | ドラクエ・パラダイス(ドラパラ)ドラゴンクエスト公式サイト | SQUARE ENIXより)

 1968年には作曲活動に専念し、沢田研二さんが所属していたザ・タイガースや、ザ・ピーナッツなどの楽曲を提供して、1960年代後半から70年代のポピュラーミュージックシーンを支えた。とくにヴィレッジ・シンガーズの「亜麻色の髪の乙女」は、2002年に島谷ひとみさんがカバーして再びヒットを記録した。

 もともとピンボールやバックギャモンなどのゲームに造詣が深く、エニックスが発売していた『森田和郎の将棋』のアンケートハガキがエニックスの目に留まり、ゲーム音楽に本格的に進出することとなった。『ウイングマン2 キータクラーの復活』を皮切りに、『ドラゴンクエスト』シリーズ、『ジーザス』、『46億年物語』、『風来のシレン』などの作品の楽曲を手掛けた。

 特に第1作『ドラゴンクエスト』では、ファミコンのノイズ音を除いて3音のなかにクラシック音楽を表現し、大々的にゲーム音楽のなかにクラシックを導入した。1週間というタイトなスケジュールのなかで作曲し、有名なメインテーマは5分で構想ができあがったという。

 以降、『ドラゴンクエスト』シリーズの音楽はすぎやま氏のライフワークのひとつとなった。交響組曲「ドラゴンクエスト」シリーズは、東京都交響楽団NHK交響楽団ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団によって録音されたものが、それぞれCDとして発売された。ほかにもスターダンサーズ・バレエ団によってバレエ演目になるなど、すぎやまこういち氏の音楽の世界観が広がりをみせた。

 2016年には「世界最高齢でゲーム音楽を作曲した作曲家」としてギネス記録に認定。政府より、秋の叙勲にて「旭日小綬章」を受章した。

 また2020年には、文化の向上発達について特に功績の顕著な人を表彰することを目的した「文化功労者」として選出されている。2021年に開催された東京オリンピックの開会式では、『ドラゴンクエスト』シリーズの「ロトのテーマ」が選手入場時に使われている。

 スクウェア・エニックスによると、制作中の『ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎』の作曲が最後の仕事となったという。

 今回のすぎやまこういち氏の訃報には『ドラゴンクエスト』シリーズの堀井雄二氏鳥山明氏がコメントを発表している。

堀井雄二氏のコメント:
すぎやま先生の、あまりにも突然の訃報を聞き本当に残念でなりません。
ドラゴンクエストを作って35年、その世界に、すぎやま先生は音楽という命をずっと吹き込んできてくださいました。
先生には本当に 素晴らしい楽曲を いっぱい書いていただきました。
これからもドラクエは、先生の音楽とともにあります。
ユーザーの皆さんの心の中に 先生は 生き続けるはずです。
すぎやま先生 長い間 本当に ありがとうございました。

堀井雄二

■鳥山明氏のコメント:
すぎやま先生の訃報を聞き、驚いています。
つい数年前にお会いした時の印象からも
いい意味で、永遠の命を持つ魔法使いのように思っていました。

ドラゴンクエストのイメージは、
当時からゲームが大好きでいらした、すぎやま先生の
素晴らしく印象的な数々の名曲によって決定付けられた。
と言っても過言ではありません。

長くご一緒に仕事をさせていただいて本当に光栄でした!
心よりご冥福をお祈りいたします。

鳥山明

 改めて、すぎやまこういち先生のご冥福をお祈り申し上げます。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ