アニメ『カウボーイビバップ』を題材とした公式TRPGが発売へ。海外のボードゲームメーカー3社が共同で開発し2022年内のリリースを目指す

 イタリア・ミラノに拠点を置くMana Project Studioは10月11日(月)、アニメ『カウボーイビバップ』を原作とするテーブルトークRPG(以下、TRPG)『Cowboy Bebop, the Role-Playing Game』の制作が進行中だとFacebookの投稿を通じて伝えた。あわせて2022年内に同作のクラウドファンディングを実施する意向も明かしている。

 『Cowboy Bebop, the Role-Playing Game』は、1998年に放送が開始されたアニメ『カウボーイビバップ』の世界観に基づくTRPG。2071年の近未来を舞台に宇宙船「ビバップ号」で旅する賞金稼ぎ一行の活躍を描く同作は、既存のSFアニメとは一線を画すスタイリッシュな演出で国内外に根強いファンを獲得し、11月にはNetflixでの実写ドラマ版の配信も予定されている人気作だ。

 Mana Project Studioの投稿によれば、同TRPG版は原作を手がけたサンライズとのパートナーシップのもと、公式ライセンスの商品として制作が進められているという。具体的な内容については伏せられているものの、同社の代表を務めるMichele Paroli氏がSNSで「私たちの文化の礎を築いたアニメ作品のひとつ」と原作シリーズを称している点から、開発にはかなりの熱量が込められているのが伺えた。

(画像は「Mana Project Studio」公式Facebookより)

 また今回の制作にあたっては、同じくミラノのFumble GDRとフランス・パリにオフィスを構えるDon’t Panic Games3社のボードゲームメーカーによる共同開発が行われている。Don’t Panic Gamesは過去にも『カウボーイビバップ』を題材としたボードゲームの開発を手がけており、その際の経験は今作にも活かされていると期待したい。

(画像はYouTube『Cowboy Bebop Space Serenade by Japanime Games | GTMinute | 60 Second Snapshot』より)

 『Cowboy Bebop, the Role-Playing Game』は、2022年にクラウドファンディングによる資金調達を実施後、同年内にはリリースを迎えたいとのこと。日本語への対応は現時点では伝えられておらず、英語、フランス語、イタリア語の3ヵ国語に向けた発売となる予定だ。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ