「PS VR」5周年、PS Plus加入者向けに11月から3本のVRタイトルが無料配信へ。世界でもっともプレイされたVR作品のトップ5も公開

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは10月13日、PlayStation VR(以下、PS VR)が5周年を迎えたことを記念し、PlayStation.Blogにて特集記事を公開した。

 また、同社の運営する定額制サービスのPlayStation Plus(以下、PS Plus)加入者には、11月から3本のPS VRタイトルを無料で配信するとを発表した。こちらの詳細は数週間後のPS Plusアップデート情報で公開されるとのことだ。

 PlayStation Blogの同記事内では、世界でもっともプレイされたPS VRゲームとして『Beat Saber』『BIOHAZARD 7 resident evil』ほか3作品が紹介された。また、日本で人気のPS VRゲームとして『グランツーリスモ SPORT』などが挙げられている。

 くわえて、カプコンの川田将央氏、Team Asobiの二コラ・ドゥセ氏をはじめとする開発者へのインタビューも掲載。PS VRの思い出や可能性、そして開発の際の教訓といった内容に触れられている。

 あわせて、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの企業としての取り組みを伝えるSIE.BlogにおいてもPS VRに関した取り組みを紹介する記事が公開中。こちらのブログの中では、PS VRを活用したワークショップライブ配信といったコンテンツが紹介されたうえで、PS5向け次世代VRシステムの一環として「新しいVRコントローラー」などの技術研究にも取り組んでいると表明されている。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ