シンプルなデザインで「自分自身で考える」面白さを突き詰めたダンジョン探索RPG『ダンジョンエンカウンターズ』発売。20%オフの早期購入セールも実施中

 スクウェア・エニックスは、シンプルなゲームデザインを特徴とするダンジョン探索RPG『ダンジョンエンカウンターズPS4Nintendo Switch版を10月14日(木)に発売した。通常価格は税込3520円。10月15日(金)にはPC(Steam)版も発売予定となっている。

 なお、各プラットフォームでは20%オフの2816円で入手できる早期購入セールも実施中だ。ただし、PS4版については有料オンラインサービス「PlayStation Plus」への加入が割引購入の前提条件となる。

 『ダンジョンエンカウンターズ』はプリミティブな設計思想のもと、視覚的な表現・演出を抑えて開発されたタイトルである。本作は『ファイナルファンタジー』シリーズにおける戦闘システムのひとつ「アクティブ・タイム・バトル(ATB)」を考案した伊藤裕之氏がディレクターを担当しており、16進数でマップ内に表示されるランダムイベントや戦闘への対処を「自分自身で考える」面白さが最大の魅力となっている。

 深い階層ではマス自体が隠されてマップの構造を把握できなくなるほか、パーティに損害を与えるトラップも登場するため、特殊なアビリティを駆使して切り抜けなければならない場面も存在する。コレクション要素探索は好きだがリアルタイムでの戦闘を苦手とする人はコマンド選択時に時間が止まる「ウェイトモード」も利用できるので、探索方法を考えながらさまざまなコレクション要素を集めてみるのもよいだろう。

(画像はDUNGEON ENCOUNTERS ダウンロード版 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)より)
(画像はDUNGEON ENCOUNTERS ダウンロード版 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)より)
(画像はDUNGEON ENCOUNTERS ダウンロード版 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)より)

 『ダンジョンエンカウンターズ』はPS4Nintendo Switch向けに発売中。15日(金)にはPC(Steam)版も発売予定だ。

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ