個人制作で2年かけて作られた“タイピングのアプリ”がTwitter上で「かわいい」「面白そう」と一瞬で1万リツイートを超える話題に。作者は『Ozawa-Ken』『釣りスタ!』などを手がけた比護氏

 ソーシャルゲーム事業を展開するGREEで『釣り★スタ』『探検ドリランド』などの作品に携わったゲームクリエイターの“higo”こと比護賢之(ひご よしゆき)氏は10月22日(金)、ゲーム感覚で楽しくタイピングを学べるアプリ『Typing Land』(以下、タイピングランド)を無料で近日中にリリースすると発表した。対応プラットフォームはAndroid、iOS、MacOS、Windowsとなっている。

 アプリは日本語のほか、英語や中国語(繁体、簡体)、韓国語、フランス語、ドイツ語、ロシア語の計8言語へ対応広告表示も一切なしで、インストール後はネットへ接続していない状態でもプレイ可能だ。

 比護氏は自身のTwitterアカウント(@higopage)で公開した映像について「絶望的な拡散力なのでどうしたらいいか」と嘆いていたが、動画ツイートの投稿後には1999年に公開されたタイピングゲーム『Ozawa-Ken』のプレイヤー層を中心として情報が拡散。映像に「かわいい」、「面白そう」、「『リズム天国』っぽい」とのコメントも集まり、執筆時点で1万5000件を超えるリツイートと3万件を超える「いいね」が付いている。

 比護氏は、大学の卒業研究で『Ozawa-Ken』を制作したのち、複数の企業で経験と学習を積み上げ、2006年10月にグリーへ入社。同社におけるソーシャルゲームの企画・開発を歴任したことで知られる。近年では株式会社WFSにてゲームやゲーミフィケーション【※】の企画・開発へ携わりつつ、個人でもゲーム開発を中心に活動しているという。

【※】ゲーミフィケーション:ゲームにおけるルールやデザインなどのノウハウを、ゲーム以外の社会的な活動へ応用していくマーケティングの手法

 近日中にリリースされる『タイピングランド』は「デジタル学習が盛んな今こそ、前提となるタイピングの習得が必要」と思い立った比護氏が約2年をかけて仕事の合間に制作したタイピングアプリである。アプリ内では全81のレッスンをミニゲーム形式でプレイでき、レッスンで良い結果や条件を満たした際には、全150種類からなるバッジがプレゼントされる。

 また、タイピングに慣れたプレイヤー向けには、速く正確なタイピングで高スコアを目指す「チャレンジモード」も用意されている。文章はあらかじめ用意されたものだけでなく、自作した文章も使用できるようだ。

 なお、アプリ内には寄付メニューも用意される。支援すると『Ozawa-Ken』を踏襲したミニゲーム『タイピングソード』も遊べるようなので、興味のある方は寄付を検討しておくとよいだろう。

【あわせて読みたい】

『釣り★スタ』そして『探検ドリランド』が拓いた“ソーシャルゲーム”の時代の夜明け

2020年4月公開。グリー元取締役でソーシャルゲーム黎明期のヒットタイトルにおける責任者であった吉田大成氏と、グリーで『釣り★スタ』と『探検ドリランド』のコア部分を制作した比護氏へのインタビュー記事。

当時どのような考えでゲームを手がけたのか。『釣り★スタ』と『探検ドリランド』が誕生した流れや、過去を振り返っての想いも詳しく書かれている

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ