『アークナイツ』テレビアニメ化が発表。重厚な世界設定が特徴のスマートフォン向けタイトルが待望の映像作品化、制作はゲーム版のPVなどを手がけたYostar Pictures

 Yostarのスマートフォン向けRPG『アークナイツ』がテレビアニメシリーズとなることが、10月24日に同作の公式Twitterアカウントにて明らかにされた。制作は、これまでにもゲーム内のPVなど各種アニメーションを手がけてきた、Yostar Picturesが務めるとされている。
 アニメ化の発表に際し「アークナイツアニメ化」のワードが一時Twitterのトレンドに入るなど、大きな反響を呼んだ。

 『アークナイツ』は2020年から日本国内でもサービスを開始しているタワーディフェンス形式のスマートフォン向けゲームタイトル。開発は中国のHypergryph、日本国内での運営、配信はYostarが行っている。
 「源石」と呼ばれる物質と、それが引き起こす病「鉱石病」を軸とした細かな世界設定が構築されており、その本格的なストーリーを語るための膨大なテキストが、本作のひとつの特徴となる。

 ゲームシステムは一般的なタワーディフェンスを踏襲したもので、扱えるキャラクターはそれぞれ異なる性質を持つ。戦闘では部隊の編制から実際の配置まで、プレイヤーの思考が大いに試される仕様となっているようだ。条件を満たしてクリアしたステージはオート機能で周回を行えるなど、利便性も兼ね備えている。

 テレビアニメ版『アークナイツ』は現在鋭意制作中であるとのこと。記事執筆時点で放送時期などの詳細は発表されていない。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ