PSPlusの12月のフリープレイに『JUDGE EYES:死神の遺言 新価格版』などが登場。木村拓哉氏演じる、元弁護士の探偵・八神が真実に迫るシリーズ第1作

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは12月2日(木)、PlayStation Plusの加入者特典であるフリープレイにおいて、12月に『JUDGE EYES:死神の遺言 新価格版』『レゴ®DC スーパーヴィランズ』『The Sexy Brutale(セクシー・ブルテイル)』『Godfall: Challenger Edition』の4作品が2021年12月7日(火)から 2022年1月3日(月)の期間、登場することを発表した。

 PlayStation Plusは、加入することでオンラインマルチプレイや、毎月異なるタイトルが登場、プレイできるフリープレイ、加入者限定の割引などが受けられる定額のサービス。

 『JUDGE EYES:死神の遺言』は2018年12月に発売された、龍が如くスタジオが手がけるリーガルサスペンスアクション。元弁護士の探偵である主人公・八神隆之を演じる木村拓哉氏や中尾彬氏、谷原章介氏など豪華キャストが登場することが大きな特徴だ。

 八神は舞台となる神室町で起こった猟奇殺人事件に関する証拠集めをきっかけに、自らの運命をも左右する事件へと巻き込まれていくこととなる。

PSPlusの12月のフリープレイに『JUDGE EYES:死神の遺言 新価格版』などが登場。木村拓哉氏演じる、元弁護士の探偵・八神が真実に迫るシリーズ第1作_001
画像は『JUDGE EYES:死神の遺言』公式サイトより

 『レゴ®DC スーパーヴィランズ』はタイトルに「ヴィランズ」を冠しているとおり『スーサイド・スクワッド』ジョーカーやハーレイ・クイーンなどの悪役たちがレゴのキュートな姿で登場するアクション。プレイヤーはオリジナルのヴィランを作ることができるほか、完全新作オリジナルストーリーが描かれる。

 『The Sexy Brutale(セクシー・ブルテイル)』は、イギリスの大邸宅で開催される仮面舞踏会とループという異色の組み合わせが光るミステリー・パズル・アドベンチャー。プレイヤーは主人公の年老いた宣教師であるラフカディオ・ブーンとして午前0時を境に繰り返される1日の中で、仮面舞踏会のゲストの殺人を防ぎながらループの原因や館の謎に迫っていくこととなる。

『Godfall: Challenger Edition』はファンタジー世界を舞台としたルータースラッシャーアクション RPG。プレイヤーは伝説の鎧「ヴェイラープレート」を身につけることができる戦士として、近接での戦闘を繰り広げながら敵を打ち倒していくこととなる。なお、3人でのオンライン協力プレイにも対応している。

 PlayStation Plusの価格は、1ヶ月税込850円、3ヶ月税込2150円、12ヶ月5143円となっている。

ライター
ベヨネッタとロリポップチェーンソーでゲームに目覚めました。 3D酔いと戦いつつゲームをする傍ら、学生をしています。
Twitter:@d0ntcry4nym0re
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ