自身の「アゴ」だけを使って高難易度アクションゲームを次々ノーミスクリアする猛者が海外で登場。身体的ハンデから生まれた驚愕のスーパープレイ

 自身のアゴだけを使って、数々の高難易度アクションゲームの「ノーミスクリア」に挑み続けるストリーマーが海外にいる。ライブ配信プラットフォーム「Twitch」を舞台に、連日プレイ映像を公開しているHanDcapableSean氏という男性だ。すでに『悪魔城ドラキュラ』『激亀忍者伝』【※】においてその目標を達成しており、新たなタイトルの制覇に向けチャレンジを重ねている。

※記事内で触れるタイトルは、記載が無い限りすべて北米で発売されたNES版

 レトロゲーム好きを公言するHanDcapableSean氏は、身体的なハンディキャップのため腕を自由に動かすことができない。そうした状況下で彼が編み出したのが、コントローラーをアゴで操作する方法だ。サードパーティー製のPS4向けコントローラーにオープンソースのプログラムを用いて、アゴでのプレイに特化した専用のカスタマイズを施している。

自身の「アゴ」だけを使って高難易度アクションゲームを次々ノーミスクリアする猛者が海外で登場。身体的ハンデから生まれた驚愕のスーパープレイ_001
HanDcapableSean氏

※氏の配信環境

 アメリカ・インディアナ州在住の同氏は、2020年7月にTwitchチャンネルを開設。当初はアゴによる操作で『魂斗羅』『NINJA GAIDEN』のスピードランに挑む配信などを行っていたが、しだいに「ノーミスクリア」を目的とするようになっていった。2021年3月には『グラディウス』への挑戦を6日間かけて成功させ、その後『悪魔城伝説』『チップとデールの大作戦』といったタイトルにおいても、一度も残機を失うことなくクリアを果たした

 プレイする作品の選定に関しては、最近では配信視聴者の希望に応える形でリクエストを受け付けているようだ。ノーミスでの制覇には至らなかったようだが、過去にはNESのレトロゲーム以外にも『ダークソウル3』『Celeste』をクリアしている。

 氏は12月18日(土)にスムーズな操作で『激亀忍者伝』のノーミスチャレンジを達成後、直近では『ロックマン2 Dr.ワイリーの謎』攻略に挑んでいる模様。ここ2週間ほどの配信はほぼ連日におよぶものとなっている。独自の道を行き続けるHanDcapableSean氏の姿は、同じく身体にハンディキャップを持つゲーマーにとっても大きな光となることだろう。氏の今後の活躍にも注目していきたい。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ