Nintendo Switch向けタイトルの年間DLランキング1位は『モンスターハンターライズ』。2位は『Among Us』、3位は『ポケモン ブリリアントダイヤモンド』に

 任天堂は12月28日(火)、2021年におけるNintendo Switch向けタイトルの年間ダウンロードランキングを公開した。

 栄えある1位に輝いたのはカプコンから2021年3月に発売された『モンスターハンターライズ』「翔蟲」を用いたスピーディな空中移動や、通常なら敵対するモンスターにまたがり、操ることのできる「操竜」アクションを取り入れた作品だ。

 発売から1週間で500万本を販売し、「日本ゲーム大賞2021」の年間作品部門ではみごと大賞を受賞するなど、非常に高い評価を得た。2022年の夏には大型拡張コンテンツ「サンブレイク」の発売も予定されている。

Nintendo Switch向けタイトルの年間DLランキング1位は『モンスターハンターライズ』。2位は『Among Us』、3位は『ポケモン ブリリアントダイヤモンド』に_001
(画像はニンテンドーeショップ『モンスターハンターライズ』販売ページより)

 2位は宇宙人狼ゲームこと『Among Us』、開発を手がけるInnerSlothはアメリカに拠点をおく、非常に小規模な制作スタジオである。本作は2018年にスマートフォン向けにベータ版をリリースし、以後PC、Nintendo Switch、そしてPSやXboxへと移植が進められた。
 クロスプレイにも対応しているため、所持しているハードを問わず遊びやすい点も魅力のひとつである。

 ゲーム内容は決められたタスクをこなしていく「クルー」と、それをひそかに妨害し、クルーを殺害する「インポスター」の2陣営に分かれた対戦ゲームとなっており、多くのストリーマーの間でプレイされたことから一躍話題となった。その独特のキャラクターデザインも人気を集め、グッズ展開なども行われている。

Nintendo Switch向けタイトルの年間DLランキング1位は『モンスターハンターライズ』。2位は『Among Us』、3位は『ポケモン ブリリアントダイヤモンド』に_002
(画像はニンテンドーeショップ『Among Us』販売ページより)

 3位には『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド』がランクイン、姉妹作品である『ポケットモンスター シャイニングパール』5位に入賞している。本作の発売日は2021年11月19日(金)のため、およそ1か月間の売上で3位に入ったということになり、注目度の高さがうかがえる。

 2006年にニンテンドーDS向けのソフトとして発売された『ポケットモンスター ダイヤモンド』のリメイク作品で、原作に登場したポケモンや「シンオウ地方」を舞台としたストーリーを忠実に再現。コスチュームチェンジ「ポケモンの隠れ家」といった新たな要素も追加されている。

Nintendo Switch向けタイトルの年間DLランキング1位は『モンスターハンターライズ』。2位は『Among Us』、3位は『ポケモン ブリリアントダイヤモンド』に_003
(画像はニンテンドーeショップ『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド』販売ページより)

 以下、ランキングには『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』『ヒューマン フォール フラット』『スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド』といったタイトルが並んでいる。今年遊んだタイトルを思い出しながら、2021年のゲームライフを振り返ってみるのも楽しいかもしれない。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ