Twitterで『ポケモン』をプレイ!? コメントを送るとプロフィール欄のゲーム画面が動く、ユーザー参加型企画が開始1年で早くも7回目に突入

 ゲームプログラマーのConstantin Liétard氏は1月8日(土)、Twitterのプロフィール画像とコメント機能を利用して『ポケットモンスター クリスタル』をプレイするユーザー参加型の企画を開始した。

 同企画は、固定ツイートへ寄せられた返信コメントの内容を元に、キャラクターを操作してゲームを進行するというもの。コメントは上下左右のキーに対応する「Up、Down、Left、Right」のほか、各ボタンの役割を担う「A、B、Start、Select」の計8種が投稿を通じて入力できる。

 コマンドは15秒ごとに取得され、受付時間中にもっとも多く集まったコメントが次の行動を決定。操作の反映と同時にプロフィール画像が更新され、Twitter上で進捗を確認することが可能。ヘッダー画像にはパーティーメンバーのレベルやステータスも表示される仕様だ。

Twitterで『ポケモン』をプレイ!? コメントを送るとプロフィール欄のゲーム画面が動く、ユーザー参加型企画が開始1年で早くも7回目に突入_001
(画像はConstantin Liétard氏のTwitterより)
Twitterで『ポケモン』をプレイ!? コメントを送るとプロフィール欄のゲーム画面が動く、ユーザー参加型企画が開始1年で早くも7回目に突入_002
(画像はLiétard氏によるライブフィードページより)

 カナダ・モントリオール在住のLiétard氏は、以前にもこうした試みを何度か行った経験を持つ。2021年には『ポケットモンスター 赤』で同様のチャレンジに挑んでおり、その際は9万件ものコメントとともに約40日間でクリアを果たした。その後『ゴールド』『エメラルド』『ダイヤモンド』『青』『ホワイト』と立て続けに挑戦を重ね、そのほとんどを成功させている。

 今回はシリーズ初の女性主人公「クリス」をプレイキャラとし、最初にもらえる3匹のポケモンからは「ヒノアラシ」を選択。執筆時点では2万1000件以上のコメントを受けつつ、始まりの町「ワカバタウン」を旅立ち、次の目的地である「ヨシノシティ」へと向かっている最中だ。

 なおDiscord内の海外サーバー「Screenshake Club」では複数のチャット用チャンネルが用意され、進捗の共有や企画をめぐる発言などが盛んにやり取りされている。実に7回目となる本チャレンジが新たな最短記録を更新するのか、Twitter上の展開に注目したい。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ