“聴く書籍”の販売サービス「Amazon Audible」1月27日からオーディオブックも聴き放題の対象に。新作からベストセラーまで含めた約12万冊が対象

 通販サイト大手のAmazonは、同社が展開するオーディオブック販売サービス「Amazon Audible(オーディブル)」について、1月27日(木)からオーディオブックの聴き放題サービスを新たに提供すると発表した。料金については従来と同じく月額1500円で利用可能。聴き放題の対象となる約12万冊のタイトルラインナップは1月27日に発表される予定となっている。

 また、本サービスは従来からポッドキャストの聴き放題サービスも提供している。

 Amazon Audibleはプロのナレーターが朗読した名作・人気の書籍やビジネス、お笑いなどのポッドキャストコンテンツを場所や時間を選ばずに楽しめるサービスである。1995年にアメリカで始まった本サービスは執筆時点で日本・アメリカを含む10ヶ国で提供されており、公式の発表による総コンテンツ数は約40万冊。2015年に開始した日本版サービスでは、約1万8000冊にのぼる日本語コンテンツを提供している。

 今回の発表によると、1月27日(木)以降は従来から対応していたオフライン再生の機能に加えて、ストリーミング再生の機能も追加されるようだ。なお、サービスの変更にあわせて、既存のユーザーへ配布されていたサービス内通貨「コイン」の支給は1月26日(水)をもって停止となる。保有するコインは発行日から6ヶ月まで引き続き利用できるため、お持ちの方は早めに使いきっておくとよいだろう。

 さらに、本サービスへ関連して、電ファミニコゲーマーでは過去の企画記事に関連したポッドキャストシリーズを公開中だ。興味があればあわせてチェックしてみてほしい。

【あわせて読みたい】

コロナ禍でゲーム業界はどう変化した?巣ごもり需要で売上アップってホント? ゲーム会社の社長3人に聞いてみた

サイバーコネクトツー 代表取締役の松山洋氏、トイディア 代表取締役(CEO)の松田崇志氏、ビサイド 代表取締役社長の南治一徳氏らに「コロナ禍でゲーム業界はどう変化した」かを聞いた座談会の記事。
ポッドキャスト「#2 坂口博信×鳥嶋和彦 対談 ジャンプのヒットの法則とふたりの出会い」に収録されている音源とあわせて読むとより深く楽しめます

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ