座禅・空中浮遊シミュレーター『Levitation Simulator』が発売開始。重力、宇宙、そして生命の鼓動を感じつつ障害物を乗り越え境地へ達する

 OZNA STUDIOは、座禅・空中浮遊シミュレーターLevitation Simulator』を発売開始した。日本語に対応している。

 対象プラットフォームはPC(Steam)。価格は税込310円。2月4日まで248円(20%オフ)となるセールを実施している。

座禅・空中浮遊シミュレーター『Levitation Simulator』が発売開始。重力、宇宙、そして生命の鼓動を感じつつ障害物を乗り越え境地へ達する_001
(画像はSteam『Levitation Simulator』より)

 『Levitation Simulator』は、空中浮遊(空中浮揚)をゲームのなかで体験できるシミュレーター。

 ゲームはなぜか理髪店の一室からはじまり、椅子の上で座禅を組んでいるスキンヘッドの男性空中浮遊していく。そして浮遊したまま通路を進んでいき、さまざまな障害物を乗り越えていく流れだ。

座禅・空中浮遊シミュレーター『Levitation Simulator』が発売開始。重力、宇宙、そして生命の鼓動を感じつつ障害物を乗り越え境地へ達する_002
(画像はSteam『Levitation Simulator』より)
座禅・空中浮遊シミュレーター『Levitation Simulator』が発売開始。重力、宇宙、そして生命の鼓動を感じつつ障害物を乗り越え境地へ達する_003
(画像はSteam『Levitation Simulator』より)
座禅・空中浮遊シミュレーター『Levitation Simulator』が発売開始。重力、宇宙、そして生命の鼓動を感じつつ障害物を乗り越え境地へ達する_004
(画像はSteam『Levitation Simulator』より)

 障害物にぶつかると最初の地点から再スタートとなるので、細かい操作が必要だ。また座禅を組んでいる状態から、右足や左足などのポーズを組み替えることが可能なので、姿勢を変えつつ困難な障害物を乗り越えていこう。

 冒頭だけでも十分にシュールだが、ゲームが進んでいくと神々しい光景が展開するようで、「重力、宇宙、そして生命を考える機会を提供する」するとのこと。気になった人は購入を検討してみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ