『ダークソウル』リマスター版をほぼ「糞団子」のみで攻略する動画が公開。かつて『SEKIRO』を『ダンレボ』専用コントローラーでクリアしたLilAggy氏が達成

 フロム・ソフトウェアの人気シリーズの第1作である『ダークソウル』。2018年に発売された同作のリマスター版を、ほぼ「糞団子」のみで攻略する動画が公開され話題を呼んでいる。

 今回この挑戦に挑んだのはスピードランナーとしても名を馳せる「LilAggy」氏。『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』(以下、SEKIRO)や『エルデンリング』のRTA(リアルタイムアタック)のトッププレイヤーのひとりでありつつ、『SEKIRO』を『Dance Dance Revolution』のマットコントローラーでクリアするなど、ユニークなチャレンジにも挑んできたプレイヤーだ。

 まず動画は、本作の「糞団子」の仕様の紹介から始まる。糞団子は投げつけることで相手と自分に猛毒の状態異常を蓄積させる効果があるが、一部の敵キャラクターにはまったく効果がない。そのため、該当のボスとの戦闘シーンでは「黒い火炎壺」を用いていた。

 そして何より、糞団子を入手できなければ攻撃の手段がない。そのため、序盤は敵から逃げつつ、ショートカットルートを活用して糞団子を無限に販売してくれる商人までの道を切り拓くことが第一歩となる。

 商人に出会ってからは獲得したソウルでレベルを上げつつ、糞団子を大量に購入していく。基本戦術は相手に猛毒を付与し、効果が切れるまでは回避に専念、それを相手が倒れるまで繰り返すというもの。氏の説明によれば糞団子は7ダメージを600秒にわたって与え続ける効果らしいので、一度猛毒に追い込んだ後は10分ほどひたすら回避し続けるという計算になる。

『ダークソウル』リマスター版をほぼ糞団子のみで攻略する動画が公開_001
(画像はYouTube動画「Can you beat Dark Souls with ONLY Dung Pies?」より)

 必要となるボスを倒したのちには、俗に「SpellSwap」と呼ばれるバグ技を応用したテクニックを成功させ、最終エリアへとたどり着く。動画は合計20分ほどにまとめられているが、その後のラスボス戦にはどうやら4時間程度を必要としたようである。

 結果として7時間30分以上を要するも、LilAggy氏はほぼ糞団子のみで『ダークソウル』リマスター版の攻略に成功した。同氏のツイートによればこの挑戦は4か月ほど前に行われていたという。

 一部無効化するボスの存在のため完全とは言えないものの、「糞団子」縛りプレイが達成されてしまった『ダークソウル』。RTAの世界でも大いに活躍するLilAggy氏の、さらなるユニークな挑戦にも期待していきたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ