日本の時代劇映画に影響を受けたアクションゲーム『Trek to Yomi』、戦闘にフォーカスした最新映像が公開。モノクロの画面と日本語フルボイスで生死を越えて蘇った主人公を描く

 Devolver Digitalは3月17日(木)、PlayStation 4、PlayStation 5, Xbox One、Xbox Series X|S、PC(Steam)向け武士道アクション『Trek to Yomi』において、戦闘シーンにフォーカスした新たなトレイラーを公開した。

『Trek to Yomi』の最新トレイラーが公開。時代劇に影響を受けた武士道アクション_001
画像はTrek to Yomi | Combat Trailer | Spring 2022より

 本作はモノクロの画面や日本語のフルボイス、映画と同じ「シネマスコープ」サイズが採用されているなど、日本の時代劇にインスパイアされた武士道アクション。さらに、町を包む炎や障子越しの影など、時代劇へのリスペクトを感じられる演出も多く登場するようだ。

 主人公である若き剣士・ヒロキは敬愛する先生と死にゆく中に交わした「村を守る」という約束を果たすため、一度は越えたはずの生と死を超えて甦り、孤独な侍として戦いに身を投じていくこととなる。

『Trek to Yomi』の最新トレイラーが公開。時代劇に影響を受けた武士道アクション_002
画像はSteam『Trek to Yomi』より

 タイトルに冠している『Yomi』は、日本神話における死者の国である「黄泉の国」を指すもののようで、タイトルの『Trek to Yomi』は日本語に訳すと「黄泉の国を歩く/旅する」となる。
 
 さらに、村を襲われたヒロキの恨みや怒りといった心情を表すような、おどろおどろしさすらも感じさせるサウンドトラックも大きな魅力。太鼓や笛といった楽器を思わせる音で構成された重厚なサウンドが、本作の世界観をより一層引き立てている。

 公開された映像には薙刀を持った巨大なボスや薄く光る霊体のような敵が確認でき、ヒロキの生と死を越えて蘇るという物語とあわせて、伝統芸能を思わせるような超常的なストーリー展開が期待できる。

 また、横スクロールで描かれるアクション部分は時代劇映画をプレイしているような独自の感覚を味わえそうだ。

 『Trek to Yomi』のリリースは2022年春を予定している。

ライター
ベヨネッタとロリポップチェーンソーでゲームに目覚めました。 3D酔いと戦いつつゲームをする傍ら、学生をしています。
Twitter:@d0ntcry4nym0re
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月7日14時~2023年2月7日15時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ