『マジック:ザ・ギャザリング』の新CM楽曲をラッパーのPUNPEE氏、JJJ氏が担当。4月11日よりYouTubeにて配信開始

 Wizards of the Coast LLCは4月11日、戦略トレーディングカードゲーム 『マジック:ザ・ギャザリング』(以下、MTG)に関して、ヒップホップレーベル「SUMMIT」とコラボレ ーションした新作ウェブCMを公開した。

 ウェブCMには古くからの『MTG』プレイヤーであるラッパー、プロデューサーのPUNPEE氏JJJ氏による初の共作楽曲「Step Into The Arena」を起用する。楽曲は4月13日(水)に各種音楽配信サービスにてリリースを予定している。

 CMは『マジック:ザ・ギャザリング』と『マジック:ザ・ギャザリング アリーナ』の新たなウェブコマーシャルで、ゲームの舞台である多元宇宙(マルチバース)の世界観とその登場人物たちをカットアップで表現した2分間の映像作品となる。

 PUNPEEは東京・板橋出身のラッパー、プロデューサーだ。ヒップホップ・グループ PSGとして2009年にデビュー・アルバム『DAVID』をリリースし、以降コミカルなナードとしての印象と硬派なビートメイク、ポップなメロディセンスが並走する作風で日本のヒップホップシーンにその名を刻んでいる。

 重度のアメコミ愛好家として知られており、ラッパーとしてのワードセンスを活かし、DCコミックスの作品『LOBO ポートレイト・オブ・ア・バスティッチ』の日本語版の翻訳監修も努めている。

 近年ではアニメ作品『オッドタクシー』劇伴とOPテーマのほか、「ポカリスエット」新CMの楽曲を『UNDERTAL』の作者であるトビー・フォックス氏と共作しており、自虐的なアーティスト名をはじめとするナードなバイブスのみならず、その実績からも『MTG』の楽曲を担当する最適なラッパー、プロデューサーと言えるはずだ。

『マジック:ザ・ギャザリング』の新CM楽曲をラッパーのPUNPEE氏、JJJ氏が担当。4月11日よりYouTubeにて配信開始01
(画像は「マジック:ザ・ギャザリング」とヒップホップ・レーベル「SUMMIT」がコラボより)

 JJJは川崎出身のトラックメイカー、プロデューサー、ラッパ ーだ。故・febb as Young MasonKID FRESINO と共に結成したFla$hBackSのメンバーとして台頭し、短くカットアップしたサンプルを複雑に構成するビートワークに、終始スタッカートのきいた冷徹なラップスタイルが特徴のアーティストだ。

 一方、ヒップホップのヘッズからすれば『MTG』とのコラボレーションは異色の企画にも思えるかも知れないが、2016年のi-Dによるインタビュー記事ではテレビゲームやゲーム音楽からの影響を公言している。

 さらに、2019年にリリースされたシングル『flame』のリリックには内省的なリリックの中に「光るMasticore」と『MTG』からの引用が用いられているほか、セカンドアルバム『HIKARI』に収録されている楽曲「SOUL」では「火の無き灰 俺はソウルの器」『ダークソウル 』シリーズから、BADHOPのメンバーであるBenjazzyと共作したシングル「Cyberpunk」では「Im a Rap V」『サイバーパンク2077』から引用したフレーズをスピットしている。

 これらから、JJJ氏の硬派なラップスタイルとアグレッシブなトラックメイク、プロデューサーワークから、明確にゲームやゲーム音楽からの影響を読み取れるだろう。

『マジック:ザ・ギャザリング』の新CM楽曲をラッパーのPUNPEE氏、JJJ氏が担当。4月11日よりYouTubeにて配信開始02
(画像は「マジック:ザ・ギャザリング」とヒップホップ・レーベル「SUMMIT」がコラボ より)

 そんなふたりが初共作した楽曲「Step Into The Arena」はスピーディーなハイハットと変則的にリズムを刻むキックとスネアが心地よいブルックリンドリルのスタイルだ。

 ニューヨークのギャングスタを由来とするブルックリンドリルのドラムパターンが象徴するストリート性ファンタジーの世界観を思わせる上ネタ、『MTG』から引用したモチーフが散りばめられたリリックが並走し、まさに本企画らしい楽曲となっているだろう。

 アートワークはマジックの黎明期から「極楽鳥/Birds of Paradise」「 対抗呪文/Counterspell」などのカードを手掛けてきたアー ティストMark Poole氏が担当する。

 興味がある読者は、ストリートカルチャーとカードゲームが交差するスリリングな本楽曲の配信に供えよう。

『マジック:ザ・ギャザリング』の新CM楽曲をラッパーのPUNPEE氏、JJJ氏が担当。4月11日よりYouTubeにて配信開始03
(画像は「マジック:ザ・ギャザリング」とヒップホップ・レーベル「SUMMIT」がコラボ より)
『マジック:ザ・ギャザリング』の新CM楽曲をラッパーのPUNPEE氏、JJJ氏が担当。4月11日よりYouTubeにて配信開始04
(画像は「マジック:ザ・ギャザリング」とヒップホップ・レーベル「SUMMIT」がコラボ PUNPEEとJJJによる初の共作楽曲を起用した 新作ウェブ CMを4月11日(月)より公開 マジックにインスピレーショ | 「マジック:ザ・ギャザリング」とヒップホップ・レーベル「SUMMIT」がコラボより)
『マジック:ザ・ギャザリング』の新CM楽曲をラッパーのPUNPEE氏、JJJ氏が担当。4月11日よりYouTubeにて配信開始04
(画像は「マジック:ザ・ギャザリング」とヒップホップ・レーベル「SUMMIT」がコラボ PUNPEEとJJJによる初の共作楽曲を起用した 新作ウェブ CMを4月11日(月)より公開 マジックにインスピレーショ | 「マジック:ザ・ギャザリング」とヒップホップ・レーベル「SUMMIT」がコラボより)

プレスリリースの全文は以下のとおり。


PUNPEE と JJJ による初の共作楽曲を起用した新作ウェブ CM を 4 月 11 日(月)より公開

 

「マジック:ザ・ギャザリング」とヒップホップ・レーベル「SUMMIT」がコラボマジックにインスピレーションを受け書き下ろした新曲「Step Into The Arena」

世界中で 4 千万人を超えるプレイヤーとファンを持つ戦略トレーディングカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング(以下、マジック)」を製造・販売する世界的ゲームクリエイティブカンパニー「ウィザーズ・オブ・ザ・コースト(本社:ワシントン州レントン, アメリカ合衆国、 CEO:シンシア・ウィリアムズ)」は、ヒップホップ・レーベル「SUMMIT」とのコラボレーションのもと、マジックとそのデジタル版「マジック:ザ・ギャザリングアリーナ(以下、 MTG アリーナ)」の新ウェブ CM を公式 YouTube チャンネルにて本日 4 月 11 日(月)より公開します。

『マジック:ザ・ギャザリング』の新CM楽曲をラッパーのPUNPEE氏、JJJ氏が担当_001
『マジック:ザ・ギャザリング』の新CM楽曲をラッパーのPUNPEE氏、JJJ氏が担当_002

[ウェブ CM]
https://www.youtube.com/watch?v=FDjV2T-q5tc
[公式 YouTube チャンネル]
https://www.youtube.com/channel/UC1ZIz7yxz0aQbeeC8_iTVwQ

■古くからのマジックプレイヤーでもある PUNPEE と JJJ が、ウェブ CM に書き下ろし楽曲を提供
本作はゲームの舞台である多元宇宙(マルチバース)の世界観とその登場人物たちをカットアップで表現した 2 分間の映像作品であり、音楽には日本のインディペンデント・ヒップホップ・シーンを代表するラッパー/プロデューサー、PUNPEE と JJJ の共作となる楽曲「Step Into The Arena」を起用。古くからのマジックプレイヤーでもある両者の経験に裏打ちされたリリックと、ゲームにインスピレーションを受けたサウンドを堪能できる内容となっています。

■楽曲「Step Into The Arena」について
PUNPEE と JJJ がトラック/ヴォーカルの両面で共作した、初めてのコラボレーション楽曲。フル・ヴァージョンは 4 月 13 日(水)に各種音楽配信サービスにてリリースされます。アートワークを手掛けたのは、マジックの黎明期から«極楽鳥/Birds of Paradise»«対抗呪文/Counterspell»を始めとする伝説的カードアートたちを生み出してきたアーティスト、Mark Poole です。
また PUNPEE と JJJ はともに 5 月 21 日(土)、スペースシャワーネットワークが主催するヒップホップフェスティバル『POP YOURS』(幕張メッセ)への出演が決定しています。

『マジック:ザ・ギャザリング』の新CM楽曲をラッパーのPUNPEE氏、JJJ氏が担当_003
(画像は「マジック:ザ・ギャザリング」とヒップホップ・レーベル「SUMMIT」がコラボ Pより)

[リリースインフォメーション]
Artist : PUNPEE, JJJTitle : Step Into The ArenaFormat : Digital SingleRelease Date : 2022/04/13No. : SMMT-179Label : SUMMIT, Inc.

『マジック:ザ・ギャザリング』の新CM楽曲をラッパーのPUNPEE氏、JJJ氏が担当_004

■アーティストプロフィール
PUNPEE
東京・板橋出身のラッパー/プロデューサー。2007 年、5lack、GAPPER と共にヒップホップ・グループ PSG を結成。2009 年、デビュー・アルバム『DAVID』を発表。ユニークな作風が多方面から賞賛を浴びる。ソロ・アルバムとしては 2017 年に『MODERN TIMES』、2020 年に『The Sofakingdom』を発表した他、今まで限定的に発表してきた楽曲達をコンパイルした『Small Token』『Small Tokenpt.2』に続いて、2021 年 12 月に最新シングル「フレンヅ」をデジタルリリース。P.I.C.S.xOLM 制作のアニメ作品「オッドタクシー」では劇伴音楽を VaVa・OMSB と共に担当し、オープニングテーマ曲「ODDTAXI」(スカートとの共作)を提供している。
https://www.summit2011.net/artists/punpee/

『マジック:ザ・ギャザリング』の新CM楽曲をラッパーのPUNPEE氏、JJJ氏が担当_005
(画像は「マジック:ザ・ギャザリング」とヒップホップ・レーベル「SUMMIT」がコラボ PUNPEEとJJJによる初の共作楽曲を起用した 新作ウェブ CMを4月11日(月)より公開 マジックにインスピレーショ | 「マジック:ザ・ギャザリング」とヒップホップ・レーベル「SUMMIT」がコラボ PUNPEEとJJJによる初の共作楽曲を起用した 新作ウェブ CMを4月11日(月)より公開 マジックにインスピレーショ|ウィザーズ・オブ・ザ・コースト 日本事業部 オンラインプレスルームより)

JJJ
1989 年生まれ。川崎出身のトラックメイカー/プロデューサー、ラッパー、DJ。2013 年 2 月、febb as Young Mason、KID FRESINOと共に結成した Fla$hBackS のアルバム『FL$8KS』でデビュー。
2014 年 11 月、ソロ・ファーストアルバム『Yacht Club』を発表。
2017 年 2 月発表のセカンドアルバム『HIKARI』が年間ベストアルバムに選出されるなど多方面から賞賛された。2019年12月「flame」、2020 年 1 月「loops」、2020 年 11 月「STRAND feat. KEIJU」、2021 年 11 月「Cyberpunk feat. Benjazzy」を配信シングルとしてリリース。現在、数多くのプロデュースや客演参加、CM 楽曲制作など活動は多岐に渡る。
https://spaceshowermusic.com/artist/10851433/

◆マジック:ザ・ギャザリングとは?
<全世界で 4 千万人が熱狂する戦略トレーディングカードゲーム> 「マジック:ザ・ギャザリング」は 1993 年にアメリカで発売された、世界初のトレーディングカードゲームです。数学者のリチャード・ガーフィールドによって生み出され、現在では 11 の言語で翻訳、全世界で 70 以上の国と地域で 4 千万人を超えるファンとプレイヤーを魅了しています。マジックでは強大なクリーチャーを召喚し、強力な呪文を唱えながら、対戦相手のライフを 0 点にするなどの勝利条件を満たすことを目指します。年間を通して発売される新しいカードセットにより、ゲームの環境は常に変化しています。2022 年 4 月には、大都市を舞台に 5 つのファミリーが勢力争いを繰り広げる物語を描いた新セット、『ニューカペナの街角』が発売されます。

日本公式ウェブサイト: http://mtg-jp.com/
日本公式 Twitter アカウント: https://twitter.com/mtgjp

◆MTG アリーナとは?
<世界最高の戦略トレーディングカードゲームを PC・モバイルで>
「マジック:ザ・ギャザリングアリーナ(MTG アリーナ)」は、より手軽かつ本格的にマジックを遊ぶことができる、基本プレイ無料の PC&モバイル端末対応ゲームです。直感的な操作や迫力あふれる演出、世界中のプレイヤーと即座に繋がるマッチングシステムなど、紙のマジックとは一味違うプレイ体験をあなたにお届けします。今や MTG アリーナは数々の競技イベントに採用され、e スポーツとしてのマジックをリードしています。

MTG アリーナページ(日本公式サイト):https://mtg-jp.com/mtgarena/
MTG アリーナ日本公式 Twitter アカウント:https://twitter.com/MTGArenaJP

◆会社概要
商号: Wizards of the Coast LLC
設立: 1990 年
事業内容:ゲーム出版、デジタルゲーム開発運営
U R L: http://company.wizards.com/

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ