映画版『ゴースト・オブ・ツシマ』の脚本家にタカシ・ドッシャー氏が起用へ。PS2の発売日に学校をサボっていた過去を明かす

 映画版『ゴースト・オブ・ツシマ』の脚本家にタカシ・ドッシャー氏が抜擢された。

映画版『ゴースト・オブ・ツシマ』の脚本家に起用されたタカシ・ドッシャー氏
(画像はDEADLINEより)

 『ゴースト・オブ・ツシマ』は鎌倉時代の日本が舞台となっているアクションアドベンチャーゲームである。すでに映画化が決定しており、製作が進んでいた。監督は『ジョン・ウィック』シリーズのチャド・スタエルスキ氏が担う。

 今回、新たに脚本家としてタカシ・ドッシャー氏が起用されたことをハリウッド業界系ニュースサイトのDEADLINEが報じている。

 タカシ・ドッシャー氏はジョージア州アトランタ出身の脚本家兼監督だ。今回の起用にあたり、「祖父母と再放送のチャンバラを観て育った」、「PS2の発売日には学校をサボって行列に並んだ」など、日本文化との関わりやゲーム好きなエピソードを交えながらTwitterにツイートを投稿している。

 発表によると『ゴースト・オブ・ツシマ』の映画化は、Sony PicturesとPlayStation Productionsの映画化プロジェクトの第2弾となる。第1弾である『アンチャーテッド』の映画化は3億8300万ドルを超える収益を上げ、成功を収めた。

 ゲームでも独特の日本世界を描き話題となっている『ゴースト・オブ・ツシマ』。映画版はまだ製作の初期段階とのことで、続報に期待したい。

編集部
幼少期からホラーゲームが好き。RPGは登場人物への感情移入が激しく的外れな考察をしがちでレベル上げを怠るため終盤に苦しくなるタイプ。著作『デブからの脱却』(KADOKAWA)発売中
Twitter:@MarieYanamoto
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ