『スカーレットネクサス』の累計プレイヤーが200万人を突破。主人公であるユイトとカサネのそれぞれの視点から物語の序盤を楽しめる新体験版が配信開始

 『SCARLET NEXUS』公式 Twitterは4月14日(木)、同作の世界累計出荷・DL販売本数が100万本を突破したことと、累計プレイヤー人数が200万人を突破したことを発表した。

『スカーレットネクサス』が累計プレイヤー200万人突破、新体験版が配信開始_001
画像は『SCARLET NEXUS』公式Twitterより

 『SCARLET NEXUS』は、2021年6月にバンダイナムコエンターテインメントより発売されたブレインパンク・アクションRPG。プレイヤーは、怪異に対抗しうる「超脳力者」で構成される怪異討伐軍の新人隊員であるユイト・スメラギとカサネ・ランドールとして、生物の脳を捕食する存在・怪異へと立ち向かうこととなる。

 戦闘では超脳力者が使うことのできる念力を用いて、ドラム缶やブルドーザーなどフィールドのオブジェクトを投げたり叩きつけるといったアクションが可能。怪異の弱点である「赫(カク)」の破壊を目指す。

『スカーレットネクサス』が累計プレイヤー200万人突破、新体験版が配信開始_002
画像は『SCARLET NEXUS』公式サイトより

 また、「SAS」(ストラグル・アームズ・システム)と呼ばれるシステムも大きな特徴。脳を仮想ケーブルで繋ぐことで発火、複製、透明化、瞬間移動、硬質化など超脳力者の持つ固有の能力を借りることができる。プレイアブルキャラクターの中からふたり選択することができるパーティーメンバーのSASを使うと、効果時間が延長されるといったボーナスが付与される。

 今回の発表と合わせて、主人公であるユイトとカサネの視点から物語序盤を楽しむことができる新たな体験版「Story Demo」が公開された。PS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC(Steam)のすべてのプラットフォームに対応しており、セーブデータは製品版へ引き継ぐことが可能だ。

 さらに、新たな体験版の配信を記念して本作のメインシナリオを手がけている実弥島巧氏への特別インタビューも公開。怪異の設計思想や裏話、ストーリーの見どころなどについて語っているとのことなので、本作をプレイ済みの方もぜひチェックしてほしい。なお、掲載されている怪異解説の一部はTwitterにも投稿されている。

 さらに今回の発表を祝い、コンセプトアーティストである石川珠実氏による記念イラストも公開された。こちらは本作に登場するキャラクターが一堂に会した、スペシャルなイラストとなっている。

 『SCARLET NEXUS』は税抜8200円。体験版は各ストアページからダウンロードが可能となっている。

ライター
ベヨネッタとロリポップチェーンソーでゲームに目覚めました。 3D酔いと戦いつつゲームをする傍ら、学生をしています。
Twitter:@d0ntcry4nym0re
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ