馬の頭にメタリックなボディ、海賊船のような車やギターケース型ロケットランチャーなど『セインツロウ』の豊富すぎるカスタマイズ要素を紹介する日本語版映像が公開

 コチメディアは『セインツロウ』の豊富なカスタマイズ要素を紹介する映像の日本語版を公開した。

 本作は、世界で累計3000万本の販売を記録したクライムアクションゲーム『セインツロウ』シリーズの最新作だ。アメリカのゲーム開発スタジオ「Volition」が開発を担当し、同シリーズを刷新するリブート作品として、タイトルからナンバリングの数字が外されている。

 舞台となるのはアメリカ南西部をイメージした架空の都市「サント・イレーソ」。若き主人公たちのグループが街の支配権を奪うため、ほかのギャングに戦いを挑んでいく物語が描かれる。アクションや犯罪、ユーモアといったシリーズの特徴を受け継ぎつつも、初めて触れるプレイヤーでも楽しめるようなデザインになるという。

『セインツロウ』カスタマイズ要素を紹介する日本語版映像が公開1
(画像はYouTube「『セインツロウ』究極のカスタマイズ・トレーラー」より)

 今回公開された映像では、主人公となるキャラクターや車などの乗り物、武器、そして拠点となる「HQ」にいたるまでの、豊富なカスタマイズ要素が紹介された。

 プレイアブルキャラクターについては、服装や髪型はもちろん、眉の色肌の質感などまで自由に変更することができる。ユニークな被り物を身につけたり、体中に傷を入れて迫力を醸し出したり、人間離れしたメタリックな肉体を手に入れたりと、幅広いカスタマイズが可能だ。

『セインツロウ』カスタマイズ要素を紹介する日本語版映像が公開2
(画像はYouTube「『セインツロウ』究極のカスタマイズ・トレーラー」より)

 ガレージにてカスタムできるビークルは計80種類もが登場。カラーリングを編集し、パーツを装着し、ホイールを選んで自らにふさわしいマシンを組み上げよう。スポーツカーだけではなく、バイクやホバーボード、さらには海賊船のような謎の車両までもが登場し、カオスな雰囲気を盛り上げている。

 武器もスキンやカラーリング、素材などを編集し好みのデザインに仕上げられる。ロケットランチャーをギターケースに入れるなど、そもそもの外観を大きく変更することも可能なようだ。また拠点となるHQにもオブジェなどを備えて飾り付け、組員となるNPCたちの服装もコーディネートし、組織の一体感を手ずから作り上げることができる。

『セインツロウ』カスタマイズ要素を紹介する日本語版映像が公開3
(画像はYouTube「『セインツロウ』究極のカスタマイズ・トレーラー」より)

 『セインツロウ』はPS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC(Epic Games Store)向けに8月23日(火)の発売を予定している。本作のさらなる情報については、公式サイトなどを参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ