『コーヒートーク エピソード2』の開発は作者ファーミ氏の急逝後も引き続き進行中。カフェで働き異種族の客が抱える悩みを聞く前作の世界を舞台に新たな物語が展開

 Toge Productionsが開発するアドベンチャーゲーム『コーヒートーク』の続編タイトル『コーヒートーク エピソード2:ハイビスカス&バタフライ』(以下、コーヒートークEp2)の制作が進行中であることが5月22日(日)、日本版のローカライズを手がけるChorus Worldwideのツイートを通じて伝えられた。

 3月に急逝したゲームクリエイターのモハメド・ファーミ氏を中心に開発が進められてきた本作だが、今回あらためて引き続き行われるリリース方針が明らかとなった形だ。

 『コーヒートーク』は夜にだけ開くカフェでバリスタとして働きながら、エルフやサキュバスといった異種族の客との会話を楽しむ2020年にリリースされた作品。プレイヤーは求めに応じたさまざまな種類の飲み物を提供しつつ、シアトルの町に暮らすキャラクターたちが織りなす物語へと耳を傾けていく。

 そんな前作と世界観を共有する『コーヒートークEp2』では、おなじみの常連客以外の登場人物や「赤いハイビスカス」と「青いバタフライピー」といった新たなドリンク素材、客から入手可能なストーリーにも関わるアイテムなどの要素が追加されるという。

『Coffee Talk』続編の開発は作者ファーミ氏の急逝後も引き続き進行中_001
(画像はChorus Worldwide公式Twitterより)
『Coffee Talk』続編の開発は作者ファーミ氏の急逝後も引き続き進行中_002
(画像はSteam『コーヒートーク エピソード2:ハイビスカス&バタフライ』より)
『Coffee Talk』続編の開発は作者ファーミ氏の急逝後も引き続き進行中_003
(画像はSteam『コーヒートーク エピソード2:ハイビスカス&バタフライ』より)

 このたびのChorus Worldwideのツイートは、ゲーム情報番組「INDIE Live Expo 2022」内で放送された同作のCMにあわせて投稿されたもの。『コーヒートークEp2』はPS4、Nintendo Switch、Xbox One版を2022年内に発売するとしており、PC(Steam)版については2023年のリリース予定がストアページにて伝えられている。

 なおSteam版は日本語にも対応した無料体験版が配信中。日本時間6月12日(日)の午前1時30分より放送される海外のインディーゲーム情報番組「Wholesome Direct」では、本作の紹介パートも予告されている

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ