『ファイナルファンタジー』35周年を記念したオーケストラコンサートのチケット先着販売が6月1日17時スタート。シリーズ音楽の生みの親である植松伸夫氏がゲストとして登壇予定

 スクウェア・エニックスは『ファイナルファンタジー』シリーズの生誕35周年を記念したオーケストラコンサート「FINAL FANTASY 35th Anniversary Distant Worlds: music from FINAL FANTASY Coral」チケット先着販売を6月1日(水)の17時より開始する。

『ファイナルファンタジー』コンサートのチケット先着販売が6月1日17時開始1
(画像は『ファイナルファンタジー』35周年記念特設サイト公式ニュースより)

 こちらのイベントは『ファイナルファンタジー』シリーズより厳選された楽曲を、フルオーケストラによる演奏巨大スクリーンに映し出されるゲーム映像とともに楽しむことができるコンサートだ。

 グラミー賞受賞歴を持つ音楽家のアーニー・ロス氏を指揮者に迎え、日本では8月6日(土)、7日(日)に東京で、8月13日(土)、14日(日)には兵庫にて公演を実施。国内での公演には『ファイナルファンタジー』の音楽の生みの親である作曲家、植松伸夫氏がゲストとして登壇を予定している。

『ファイナルファンタジー』コンサートのチケット先着販売が6月1日17時開始2
植松伸夫氏(画像は『ファイナルファンタジー』35周年記念特設サイト公式ニュースより)

 公式サイトでは会場で販売されるグッズの情報も一部公開しており、シリーズ楽曲のオーケストラアレンジを収録した35周年記念盤レコードがコンサート会場にて先行販売されるとのこと。そのほかTシャツやキーホルダー、オルゴールなども販売されるようだ。

 本イベントのチケット先着販売は、キョードー東京の公式サイトとチケット購入サービス「イープラス」にて行われる。会場ごとに販売ページが異なり、いずれも2日にわたって開催されるため、購入の際には間違いのないよう注意していただきたい。

 「FINAL FANTASY 35th Anniversary Distant Worlds: music from FINAL FANTASY Coral」は東京国際フォーラムと兵庫県立芸術文化センターにて、8月中の開催を予定している。本イベントの詳細やグッズ情報、チケット購入については公式サイトも参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ