HD-2D版『ライブアライブ』の体験版が配信開始。「幕末編」「功夫編」「SF編」の序盤をプレイすることが可能で、製品版へのセーブデータ引継ぎが可能。7月22日の発売予定

 スクウェア・エニックスは、HD-2D版『ライブアライブ』の体験版を配信開始した。

 「幕末編」「功夫編」「SF編」の序盤をプレイすることが可能で、製品版へのセーブデータ引継ぎが可能となる。

 本編はNintendo Switch向けに7月22日の発売予定だ。

 『ライブアライブ』は1994年に発売したスーパーファミコン向けのRPG。

 物語が原始編、幕末編、西部編、クンフー編、現代編、近未来編、SF編をプレイヤーが任意で選択できるオムニバス構成となっているのが特徴で、どのような順番でプレイするかはプレイヤーの自由となっている。

HD-2D版『ライブアライブ』の体験版が配信開始_001
(画像はYouTubeより)
HD-2D版『ライブアライブ』の体験版が配信開始_002
(画像はYouTubeより)
HD-2D版『ライブアライブ』の体験版が配信開始_003
(画像はYouTubeより)
HD-2D版『ライブアライブ』の体験版が配信開始_004
(画像はYouTubeより)

 リメイク版は、『オクトパストラベラー』、『トライアングルストラテジー』のHD-2Dの映像表現が用いられており、音楽は作曲家の下村陽子氏の完全監修でよりゴージャスなものになっている。さらにキャラクターボイスが追加されている。

 今回、配信された体験版は「幕末編」「功夫編」「SF編」の序盤をプレイすることが可能となっており、製品版へのセーブデータ引継ぎが可能となっているので、プレイしてみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ