『School Days』のヒロイン「西園寺世界」がアニメ版の声優・河原木志穂さんによってまさかのVTuberデビュー。もうひとりのヒロイン「桂言葉」とのコラボにも積極的

 7月2日(土)、声優・河原木志穂さんのYouTubeチャンネル「おしほチャンネル」にて、アニメ『School Days』のヒロインのひとり「西園寺世界」VTuberとしてデビューした。

 『School Days』は2005年にオーバーフローより発売された美少女ゲーム。主人公「伊藤誠」とふたりのヒロイン「西園寺世界」、「桂言葉」の三角関係を中心とした物語を描く。2007年から放送されたアニメ版は原作ゲームのバッドエンドに着想を得たものであり、キャラクターたちの負の面が強調された演出凄惨なエンディングで話題を集めた。

 アニメ版で「西園寺世界」を演じた河原木志穂さんは、以前からDIY関連の動画投稿を同チャンネルにて行ってきた。そんな中で2020年に『School Days』のもうひとりのヒロイン「桂言葉」がVTuberとしてデビューを飾ったことに影響を受け、2021年から製作をスタートしたという経緯が過去の動画で語られている。

 モデル制作にあたっては原作の開発元であるオーバーフローからイラストを借りることにも成功。当初の告知から約9か月ほどの準備期間を経て、このたび晴れて第1回となるライブ配信が行われた形だ。

 配信の中ではアニメの内容を振り返ったり、「Nice boat.」のワードが登場したり、ハッシュタグを考えたりと、懐かしのトークから今後の展開にいたるまでさまざまな内容で盛り上がった。また、先んじてデビューを果たした、岡嶋妙さん演じるVTuber版「桂言葉」とのコラボにも積極的な姿勢を示している。

 河原木志穂さんの公式Twitterアカウントによれば、VTuber「西園寺世界」としての配信第2回は7月6日(水)の午前0時からを予定しているとのこと。気になる方はYouTube「おしほチャンネル」のチャンネル登録やTwitterアカウントをフォローして続報を待とう。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ