ラヴクラフトに影響を受けた協力型のマルチプレイホラー『Eresys』の新たなトレーラーが公開。不気味な空間を蠢く複数のクリーチャーが登場

 Ares Dragonisは7月7日、マルチプレイホラー『Eresys』の新たなトレイラーを公開した。

 本作の対応プラットフォームはSteamを予定している。

 『Eresys』は「クトゥルフ神話」で知られるH.Pラヴクラフトに影響を受け、最大4人での協力プレイが可能なホラーアドベンチャーゲームだ。

 プレイヤーたちの目的は、とあるカルト教団から追放された元教団員の手により、無人島に放置されたヴォイドポータルを封印すること。プレイヤーは味方と協力しながら島を探索し、封印に必要なアイテムの収集などのタスクをこなしていくこととなる。

 探索の上で行うタスクは、呪われた犠牲者の血や教団の書物の失われたページを収集することなど、いかにもH.Pラヴクラフトらしいアクションが用意されている。探索では”かれら”との距離を保つべくランプが重要であり、使用するオイルを維持するリソース管理が重要となる。随所に配置されたセーフハウスで休憩しながら、フィールド上の施設やアイテムを追い求めよう。

 いっぽうで、本作に登場する小さなコインや偶像といったオカルトに関連するアイテムは、いずれも予期せぬ出来事を引き起こす可能性を秘めている。何が起こるかは解らないため、アイテム収集にも緊張感が味わえるだろう。

 さらに、本作に出現する敵対キャラクターは、スマートAIを活用し、プレイヤーの行動を計算した行動をとる。これによりパターン化した攻略法の効果は薄まり、歯ごたえのある攻略を楽しめるだろう。

 今回公開されたトレーラーでは、文字が輝く書物やランプを駆使して探索する場面のほか、不穏な空間で不気味にうごめく複数体のクリーチャーが登場している。いずれも人間を上回る巨大な肉体を持ち、緊張感のあるアイテム収集のみならず、強大な敵と対峙する恐怖も味わえそうだ。

 発売に向けて、本作はクラウドファンディングサイトKickstarterにて支援キャンペーンも実施を予定している。興味がある読者は本作のSteamストアページにアクセスし、本作をウィッシュリストに登録して発売を待とう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月5日03時~2023年2月5日04時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ