『ホロウナイト』や『ブラッドボーン』に影響を受けたソウルライク作品『Crowsworn』最新映像が公開。ペスト医師風主人公のスタイリッシュアクション

 開発元のMongoose Rodeoは7月11日(月)、『Crowsworn』の最新映像を公開した。

 本作は『ホロウナイト』『デビル メイ クライ』『ブラッドボーン』などの作品に影響を受けたというアクションアドベンチャーゲーム。2021年7月にはクラウドファンディングサイト「KickStarter」でのキャンペーンをスタートし、わずか1週間で50万カナダドル(記事執筆時点で約5200万円)を集めた話題の作品だ。

 手描きの2Dアニメーションで表現されるソウルライク作品と位置付けられており、物語の中には120種類以上のエネミー30種類以上のボスキャラクターが登場。モンスターや人間、機械も入り混じる広大な世界を旅していくことになるという。

Steam向け2Dアクションゲーム『Crowsworn』最新映像が公開1
(画像はSteam『Crowsworn』販売ページより)

 舞台となるのは、かつて繁栄した王国だったという「フィアランダル」の地。魔物たちが世界を埋め尽くし、人類は滅亡の危機に瀕しているという荒廃した雰囲気の中で旅を進めていく。メインストーリーのほか、物語に深く切り込む10以上のサイドクエストが用意されているとのことである。

 爽快感あふれるコンボスタイリッシュな戦闘システムを特徴としており、今回公開された映像からも、近接武器や銃を織り交ぜた攻撃と、空中ダッシュをはじめとするスピード感あふれる移動アクションの様子がうかがえる。映像の後半ではアニメで描かれたド派手な演出ののちに、カラスのようなエフェクトをともなう強力な一撃を放っていた。

 新たなアビリティやアップグレードを獲得することで踏み入れられるエリアを広げていく「メトロイドヴァニア」作品にみられるような探索システムを採用。また、自ら構成を作り上げる「ルーン」の装備やカスタマイズ要素といった豊富な育成要素が用意されているようだ。

Steam向け2Dアクションゲーム『Crowsworn』最新映像が公開2
(画像はSteam『Crowsworn』販売ページより)

 『Crowsworn』はPC(Steam)向けの発売を予定しており、記事執筆時点では発売日や価格といった情報は公開されていない。気になる方はウィッシュリストに登録し、今後の続報にも注目しておこう。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ