『ヘブバン』4K解像度やスマホ版とのデータ連携に対応したSteam版が配信決定。7月29日に幕を開けるメインストーリー第4章前編のプロモーションムービーも公開

 パブリッシャーのWright Flyer Studiosは『ヘブンバーンズレッド』のSteam版を配信すると発表し、Steamにおける同作のストアページを公開した。

 『ヘブンバーンズレッド』は『AIR』『CLANNAD』『リトルバスターズ!』『Angel Beats!』といった数々の名作を世に送り出してきたKeyの麻枝准氏が原作を手がけるRPGだ。「キャンサー」と呼ばれる謎の生命体に襲われ危機に瀕した地球を舞台に、決戦兵器「セラフ」を操る術を持った少女たちの物語を描く。

『ヘブンバーンズレッド』Steam版の配信が決定2
(画像はSteam『ヘブンバーンズレッド』配信ページより)

 『AFTERLOST – 消滅都市』『アナザーエデン 時空を超える猫』といった作品で知られるWright Flyer Studiosとの協力のもと、15年ぶりの完全新作タイトルとして2月10日(木)にスマートフォン(iOS、Android)向けにリリースされた。

 キャラクター同士の連携が鍵となる奥深いコマンドバトルや、ハイクオリティに表現されたフィールド、そして感動的なストーリーが好評を集め、サービス開始からわずか4日目で100万ダウンロードを突破するなど注目を集めてきた。

 今回、本作のハーフアニバーサリーを記念したイベント「ヘブンバーンズレッド Half Anniversary Party!」が7月24日(日)に開催。その中で『ヘブンバーンズレッド』Steam版の国内リリースが明らかにされた形である。

 Steam版ではスマートフォン版とのデータ連携が可能。また4K解像度の大画面でプレイできるようになり、さらに美しくなったビジュアルのもと物語を楽しむことできるようになる。記事執筆時点ではSteam版のリリース時期は明らかにされておらず、こちらは近日中に公開される予定のようだ。

『ヘブンバーンズレッド』Steam版の配信が決定1
(画像はSteam『ヘブンバーンズレッド』配信ページより)

 このほか同番組ではローソンとのコラボキャンペーンやウエハース、メタルカードコレクションといった新グッズ展開が発表。さらに8月3日(水)からはじまる月額制サービスや、8月5日(金)にはバトルコンテンツ「異時層」をリリースするなど、多くの新情報が明らかにされた。

 あわせて7月29日(金)に開幕するメインストーリー第4章前編のプロモーションムービーも公開。こちらについては第3章クリア後の閲覧が推奨されている。生放送中でも本映像の公開前には警告が行われているので、ほかの情報だけを確認したいという方は注意しつつアーカイブをチェックしていただきたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ