録画・配信ソフト「OBS Studio」が特定のウィンドウからのみ音声を拾う「application audio capture」を実装。「GitHub」にて公開されたベータ版「28.0.0」にて

 OBS Projectは配信、録画用ソフトウェア「OBS Studio」の最新版「28.0.0 Beta 1」をソースコード管理サービス「GitHub」を通して配信開始した。

 「OBS Studio」は画面の録画やストリーミング配信を行えるフリーソフトウェア。YouTubeやTwitchといったサービスを通したブロードキャストに対応しており、無料で利用できることからゲーム実況などにも広く用いられている

OBS Studioの新バージョン「28.0 Beta1」が配信開始1
(画像はOBS Studio公式サイトより)

 今回配信がスタートした「OBS Studio 28.0 Beta 1」では、新たに「application audio capture」機能を搭載。こちらはオーディオ出力を単一のプロセスからキャプチャするというもので、簡潔に言えばPC上で開いているウィンドウの中から特定のものの音だけを拾うことができるといった具合だ。

 これまでの「OBS Studio」では選択したウィンドウの音のみをキャプチャするためにはプラグインを導入する必要があったが、本機能によって同様のプラグインを使う必要がなくなることとなる。

 もちろん記事執筆時点における最新の正式版である「27.2.4」ではこちらは実装されていないため、本機能を利用したい方はGitHubから「28.0.0 Beta 1」を入手しよう。

 同バージョンでは「application audio capture」のほかにも、HDRやApple Siliconのサポート、AMDエンコーダーの改善、新しいテーマなど、非常に多くの変更が盛り込まれている。詳細については、GitHubのパッチノートを参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ