終末世界の侍が悪鬼を斬るスタイリッシュ・メトロイドヴァニアゲーム『ザ・デビルウィズィン:サッカッ』の映像が公開。「黒石塔」の影響で変貌した世界で、最後の侍として生き残りの住民を探せ

 Newcore Gamesは、2.5Dスタイリッシュアクションゲーム『The Devil Within : SATGAT(仮称)』(ザ・デビルウィズィン:サッカッ)のトレーラーを公開した。

 本作は2023年にPC(Steam)、PS4、PS5ほかマルチプラットフォームで発売を予定。また日本語にも対応する。

 『The Devil Within : SATGAT』は、主君を失い裏切られた武士が悪に染まった世界を救うために死闘を繰り広げるストーリーの横スクロール型メトロイドヴァニアゲームだ。

 ゲーム本編は、突然現れた「黒石塔」の影響で飛躍的な発展を成し遂げた仮想の東洋を舞台に始まる。謎の黒い塔から流れてきたエネルギーは、豊かさと文明の発展をもたらしたが、強大になった塔のエネルギーは世界の脅威となる「悪鬼」を呼び込むことになった。

 この事態を終息させるために優れた武士たちが塔に挑戦したが、誰かの裏切りによって計画は失敗。世界は滅亡し、生命体の大部分が悪鬼になってこの世を彷徨うこととなってしまう。プレイヤーは最後の武士として、生き残っているかもしれない住民を探し、安全な所に導いていくのが使命となる。

終末世界の侍が悪鬼を斬る『ザ・デビルウィズィン:サッカッ』の映像が公開_001
終末世界の侍が悪鬼を斬る『ザ・デビルウィズィン:サッカッ』の映像が公開_002

 ゲームの特徴としては、まずはスタイリッシュなアクションが挙げられる。基本となる剣術アクションでは、通常のコンボだけではなく空中コンボも搭載され、爽快な戦闘スタイルと打撃感が体感できるように設計されている。

 またゲームが進むと、ストーリーの流れにあわせて主人公が制御できない力によって外形が変化し、「悪鬼化」という状態になる。「悪鬼化」状態になると4つの属性を持つ新しいアクションが解禁され、ゲームにさらなる幅がもたらされる。

 開発曰く、自由に「悪鬼化」ができるシチュエーションでは一本のアクション映画を見るような経験ができる見込みとのことだ。

 さらに公式の情報によると、刀による通常攻撃だけでなく、ロケットランチャーを使う遠距離攻撃や、スキルを使用して悪鬼や機械モンスターを一掃する攻撃方法も存在するようだ。刀剣だけではないさらに豪快なアクションも楽しめそうだ。

終末世界の侍が悪鬼を斬る『ザ・デビルウィズィン:サッカッ』の映像が公開_003
(画像はYouTube|The Devil Within: Satgat | Official Teaser Trailer (Instrumental Ver.)より)
終末世界の侍が悪鬼を斬る『ザ・デビルウィズィン:サッカッ』の映像が公開_004
(画像はYouTube|The Devil Within: Satgat | Official Teaser Trailer (Instrumental Ver.)より)

 また本作のグラフィックはアンリアルエンジン4をベースに構築されており、2.5Dの環境で具現できる最高レベルの演出を目指しているとのこと。

 中世的な雰囲気を表現した東洋風の背景をはじめ、 荒廃した世界各地を探検したり、この世とあの世を行き来する神秘的なファンタジー世界観など、東洋と西洋が融合した美しいビジュアルにも注目だ。

終末世界の侍が悪鬼を斬る『ザ・デビルウィズィン:サッカッ』の映像が公開_005

 Newcore Gamesは、9月15日から東京幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2022に参加し、現場を訪れる一般訪問客及び企業に『The Devil Within : SATGAT』の魅力を紹介する予定とのことだ。現地を訪れる方は、こちらもチェックしてみてはいかがだろうか。

 『The Devil Within : SATGAT(仮称)』は2023年にPC(Steam)、PS4、PS5ほかマルチプラットフォームでの発売を予定している。

プレスリリースの全文は以下のとおり。

“Newcore Games、2.5Dスタイリッシュアクション「The Devil Within:SATGAT」初公開”

– Newcore Games, 開発中のプロジェクト「The Devil Within : SATGAT」2023年Steamを通じて
全世界同時発売する予定
– 2分のデビュートレーラー公開!メトロイドヴァニアゲームの新しい可能性を見せる

ゲーム専門開発会社 Newcore Games(代表:イ・マンジェ)は、開発中のマルチプラットフォーム2.5Dスタイリッシュアクションゲーム「(仮称)The Devil Within : SATGAT(ザ・デビルウィズィン:サッカッ」を2023年、PCゲームプラットフォーム「Steam」を通じて全世界発売する計画
であり、ゲームに対する特徴およびトレーラー映像を初公開した。

The Devil Within : SATGATは主君を失い、裏切られた武士が悪に染まった世界を救うために悪と死闘を繰り広げるストーリーの横スクロールメトロイドヴァニアゲームだ。グローバルアクションマニア層をターゲットに開発されて、PCとPS4、PS5などなど複数プラットフォームで発売
される予定だ。

ゲームの背景は突然現れた「黒石塔」の影響で飛躍的な発展を成し遂げた仮想の東洋から始まる。主な特徴を見ると、まず横スクロールベースのゲーム中最高レベルのアクションがその一つである。剣術アクションの場合、一般コンボだけではなく空中コンボも具現されているなど爽快な戦闘スタイルと打撃感が体感できるように設計されている。

ゲームグラフィックはアンリアルエンジン4ベースで、2.5Dの環境で具現できる最高レベルの演出だと考えられる。そして中世的な雰囲気を表現した東洋風の背景を始め、 荒廃した世界各地を探検したり、この世とあの世を行き来する神秘的なファンタジー世界観など東洋と西洋が融合した美しいビジュアルを披露する予定である。

この他にもゲームが中盤まで進むと、ストーリーの流れに合わせて主人公が制御できない力によって外形が変化し、「悪鬼化」という状態になる。「悪鬼化」状態になると4つの属性を持つ新しいアクションが解禁され、自由に「悪鬼化」ができるメトロイドヴァニア段階では一本のアクション映画を見るような経験ができる見込みである。

現在開発中のプロジェクト「The Devil Within : SATGAT」が初公開した2分のトレーラーは悪鬼の力を受け入れて超人的な能力を発揮する主人公が現実と異世界を行き来する多様な舞台を背景にしている。

続いて基本的な一般攻撃とロケットランチャーを使う遠距離攻撃、そしてスキルを使用して悪鬼と機械モンスターを一掃する圧倒的な打撃感が目を奪う。映像の最後の部分ではライバルに見える人物との戦いで勝利を掴み取って彼の力を左腕に吸収する場面まで、スタイリッシュなゲームの一面が感じられる。

一方、Newcore Gamesは9月15日から東京幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2022に参加する予定で、現場を訪れる一般訪問客及び企業に「The Devil Within: SATGAT」の魅力を紹介する計画である。

ページリンク
▶ The Devil Within : SATGAT YouTube
https://youtu.be/iusjSS2D1kI

▶ The Devil Within : SATGAT Steam page
https://store.steampowered.com/app/1802880/The_Devil_Within_Satgat/

ライター
85年生まれ。『勇者のくせになまいきだ。』シリーズの代表的プレイヤーとして名を馳せたツルハシの化身。 10代の頃、メックシューターゲーム『ファントムクラッシュ』とその続編『S.L.A.I.』の世界にハマり、 ディスプレイ越しに見た2071年に帰るべく日々を生きる。TCGとボードゲームも好物。
Twitter:@Dump29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ