怪獣たちの恋愛シミュレーションゲーム『Kaichu – The Kaiju Dating Sim』9月7日に発売決定。「自由の女神像」や「エッフェル塔」などの名所を破壊しながら愛を育もう

 販売元のTop Hat Studiosは『Kaichu – The Kaiju Dating Sim』(以下、Kaichu)を、Nintendo Switch、PS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC(Steam、Epic Games Store)向けに9月7日(水)に発売すると発表した。

 本作は怪獣たちが主人公の恋愛シミュレーションゲーム。プレイヤーは怪獣「Gigachu」となり、攻略対象となる6体の怪獣たちと愛を育んでいく。それぞれに独自のストーリーが用意されており、ゲームの開始時から好きな怪獣とデートすることが可能になっているという。

 怪獣たちはいずれも言葉を話せず、デート時には求愛ダンスなどの方法でコミュニケーションを取り、ふたりのニュースキャスターがそれをリポートしてくれるとのこと。専門家による分析を通じてプレイヤーは怪獣の行動を理解し、その内容から関係を進展させるために適した行動を選び抜いていくプレイが求められる。

『Kaichu - The Kaiju Dating Sim』9月7日に発売決定1
(画像はSteam『Kaichu – The Kaiju Dating Sim』販売ページより)

 デートのロケーションとなるのは、現実世界に基づく24の名所。Steamストアページのスクリーンショットを見る限りでは、アメリカの自由の女神像やエジプトのピラミッド、カンボジアのアンコール・ワットなど、世界的に知られる有名なスポットがモデルとなっていることがうかがえる。

 なお、怪獣たちの求愛行動によっては各ランドマークを破壊してしまう場合もあるとのこと。「軍隊はあなたの破壊行為に何か言いたいことがあるかもしれません」とストアページには記述されており、謎の巨大ロボットに怪獣たちが襲われている画像も確認できることから、人間たちが恋の障壁として立ちはだかるパターンもあるようだ。

『Kaichu - The Kaiju Dating Sim』9月7日に発売決定2
(画像はSteam『Kaichu – The Kaiju Dating Sim』販売ページより)

 『Kaichu – The Kaiju Dating Sim』はNintendo Switch、PS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC(Steam、Epic Games Store)向けに9月7日(水)に発売予定。記事執筆時点では日本語への対応は行われていないが、興味を持たれた方はウィッシュリストに登録しておかれてはいかがだろうか。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ