夢のジェットコースターを作るシミュレーションゲーム『パークビヨンド』最新映像が公開。レールから撃ち出されて空を飛ぶ、あり得ない挙動のマシンも自由に設計可能

 販売元のバンダイナムコエンターテインメントは8月24日(水)に開催された「2022 gamescom Opening Night LIVE」にて『パークビヨンド』(Park Beyond)の最新映像を公開した。

 本作はプレイヤー自らがテーマパークを生み出すシミュレーションゲーム。プレイヤーは経営難に陥ってしまった会社に新しく雇われた建築家として、来場者の心を揺さぶるテーマパークを作り上げるため奮闘する。

 “重力にとらわれることなく”アトラクションを制作できることが特徴のひとつであり、現実的な制約を無視して夢の乗り物を設計できる点が本作の魅力。ジェットコースターが途中で空に撃ちだされたり、いきなりバウンドして逆走したりと、あり得ない挙動のマシンも自由に作り上げることが可能だ。

『パークビヨンド』最新映像が公開。テーマパーク経営シミュレーションゲーム1
(画像はSteam『パークビヨンド』販売ページより)

 ゲーム中にはストーリーに沿って進むキャンペーンモードと、自由にテーマを設定して最高の乗り物を作れるサンドボックスモードを収録する。

 キャンペーンモードではベテラン設計者「フィル」やエグゼクティブ「イジー」といった情熱的なキャラクターたちがチームのメンバーとなってくれる。彼らと協力しつつ、来場者の動向を把握したり、スタッフを管理する経営マネジメント的な側面を最適化。パーク運営のコツを学んで楽しさと収益性を兼ね備えた会社へと成長させていこう。

 今回公開された映像からは、曲げたり伸ばしたり、回転させたりと自由度の高いアトラクション設計システムの様子がうかがえる。同時にゲーム中に登場するオブジェクトのディテールも多数確認でき、テーマパークらしいにぎやかな雰囲気が伝わってくるトレイラーとなっていた。

『パークビヨンド』最新映像が公開。テーマパーク経営シミュレーションゲーム2
(画像はSteam『パークビヨンド』販売ページより)

 『パークビヨンド』はPS5、Xbox Series X|S、PC(Steam)向けに2023年の発売を予定している。本作の詳細については、Steamのストアページ公式サイトなども参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ