SIEがモバイルゲーム開発スタジオ「Savage Game Studios」を買収へ。プレイステーション・スタジオにモバイル部門を新設し、新規プレイヤー層の開拓を目指す構え

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)は8月29日(月)、フィンランドに本拠地を置くモバイルゲーム開発スタジオ「Savage Game Studios」の買収について確定契約を締結したと発表した。

 「Savage Game Studios」はロビオ・エンターテインメント、ジンガゲームネットワーク、ファンプラス、スーパーセル、ウォーゲーミング、グリー、インソムニアック、Kabamといったさまざまなモバイル企業で長年にわたって活躍してきたミヒャイル・カトコフ氏、ナジム・アジール氏、ミヒャエル・マクマヌス氏を共同創設者とするモバイルゲームスタジオだ。

 同スタジオでは現在、新たなモバイル向けの大型ライブサービスアクションゲームの開発が進行中。今後はコンソール向けタイトルの開発部門とは独立し、新たに設立されるPlayStation Studiosのモバイル部門にて運営される予定となっている。

 PlayStation Studiosの高品質な開発基準を適用しつつ、SIEが保有するIPを活用したモバイルゲーム開発を通じてプレイヤーに新たなゲーム体験を提供していくという。

SIEがモバイルゲーム開発スタジオ「Savage Game Studios」を買収1
(画像はSavage Game Studios公式サイトより)

 Savage Game StudiosのCEO兼共同創設者であるミヒャイル・カトコフ氏は「世界中にあるPlayStation Studiosの才能溢れる開発チームへ加わることを光栄に思います」と宣言。現在は新作プロジェクトの開発の初期段階にあり、今後詳細を発表できる日が非常に待ち遠しいとコメントしている。
 
 また、SIE PlayStation Studiosの統括責任者であるハーマン・ハルスト氏は「PlayStation Studiosはこれまで以上に多くの方々に新たなゲーム体験をお届けするため、コンソールの壁を超えてタイトルを拡充し、多様化し続ける必要があります」と述べ、モバイルプラットフォームに向けた展開に積極的な姿勢を示した。

 そのうえで「Savage Game Studiosの優秀なチームがスタジオの一員となることは、私たちの目標達成に向けた戦略的なステップの1つ」としており、同スタジオがSIEのモバイル向けの展開において重要な役目を担うことが示唆されている。

 本件における買収額をふくむ諸条件等については契約条件により公表されていない。なお、現在のSavage Game Studiosのマネジメントチームは今後も継続して経営を担うとのことである。そのほか詳細については、以下のリリースも参照されたい。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


ソニー・インタラクティブエンタテインメント、モバイルゲーム開発スタジオのSavage Game Studiosを買収へ

~フィンランド・ドイツの拠点でモバイル向け大型ライブサービスアクションゲームを開発~

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は本日、フィンランド・ヘルシンキおよびドイツ・ベルリンを拠点とするモバイルゲーム開発スタジオSavage Game Studios(本拠地:フィンランド・ヘルシンキ)の買収について、確定契約を締結したことをお知らせします。これによりSIEは、プラットフォームの拡大を通じて世界中の新たなプレイヤーへ革新的なゲーム体験を提供するという戦略を改めて推進し、高品質なタイトルの更なる創出を図ります。

Savage Game StudiosはMichail Katkoff(ミヒャイル・カトコフ)氏、Nadjim Adjir(ナジム・アジール)氏、Michael McManus(ミヒャエル・マクマヌス)氏を共同創設者とするモバイルゲームスタジオです。彼らはロビオ・エンターテインメント、ジンガゲームネットワーク、ファンプラス、スーパーセル、ウォーゲーミング、グリー、インソムニアック、Kabamなど様々なモバイル企業で長年に亘って活躍したのち、経験豊富なクリエイターを集結してモバイルゲームの開発・運用に取り組んでいます。現在同スタジオでは新たなモバイル向け大型ライブサービスアクションゲームの開発を進行しています。

「PlayStation Studiosはこれまで以上に多くの方々に新たなゲーム体験をお届けするため、コンソールの壁を超えてタイトルを拡充し、多様化し続ける必要があります。Savage Game Studiosの優秀なチームがスタジオの一員となることは、私たちの目標達成に向けた戦略的なステップの1つです。私は彼らが高品質なゲーム体験を提供してくれることを確信しており、開発中のタイトルをお届けできることをとても楽しみにしています。PCプラットフォームやライブサービスゲームへの展開とともに、モバイルへの拡大を通じてプレイステーションの可能性とコミュニティはより強固なものとなり、最高のゲームを作るという PlayStation Studiosの目標達成の一助となることでしょう。」

(SIE PlayStation Studios 統括責任者ハーマン・ハルスト)

「Savage Game Studiosは、長年モバイル業界に革新を起こすために挑戦してきた経験豊富なメンバーによって設立されました。SIEは、リスクを恐れず挑戦を続けるこの私たちの信念と情熱に共感してくれています。同時に私たちは、継続的に作品を生み出し続けることが非常に難しい業界において一貫して高品質なファースト・パーティタイトルを創出してきたPlayStation Studiosへ敬意を表します。今後私たちがその歴史の一員となり、世界中にあるPlayStation Studiosの才能溢れる開発チームへ加わることを光栄に思います。私たちは現在新作プロジェクトの開発の初期段階にありますが、今後詳細をお見せできることが大変待ち遠しいです。」

(Savage Game Studios CEO兼共同創設者ミヒャイル・カトコフ)

Savage Game Studiosは、コンソール向けタイトルの開発部門とは独立して新たに設立するPlayStation Studiosのモバイル部門にて運営される予定です。PlayStation Studiosの高品質な開発基準を適用しながら、SIEが保有するPlayStation StudiosのIPを活用した革新的なモバイルゲーム開発を通じて、プレイヤーへ新たなゲーム体験を提供することに注力します。

SIEは今後も、他に類を見ないストーリーテリングなAAAタイトルの開発を進めるとともに、これらの開発経験を活かし、モバイル、PC、またライブサービスゲームなど、プラットフォームの垣根なくゲーム体験を楽しめる取り組みを進めてまいります。

なお、現在のSavage Game Studiosのマネジメントチームは今後も継続して経営を担います。本件における買収額を含む諸条件等については契約条件により公表しておりません。

以上

※「PlayStation」および「プレイステーション」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの商標または登録商標です。

※その他記載されている名称は各社の商標または登録商標です。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ