九州大学が「ザリガニやサメ、ソメイヨシノなどの3Dモデル」1400点700種以上を無料公開中。生物標本へのアクセスを容易する目的のほか、メタバースやバーチャルリアリティなどへの応用を狙う

 九州大学は現在、3DモデルプラットフォームのSketchfabにて水生生物や昆虫、植物など1400点700種以上の3Dモデルの無料公開を行っている。

 今回公開された3Dモデルは、被写体を様々な角度から複数撮影することで3Dモデルを構築するフォトグラメトリという手法によって作成されたもの。

 九州大学持続可能な社会のための決断科学センターの鹿野雄一特任准教授は、世界に先駆けて、独自かつシンプルなフォトグラメトリの手法を開発し、「バイオフォトグラメトリ」と銘打って、これにより制作した1400種700点以上生物標本の3Dモデルをオンライン公開した。

 公開されたモデルは魚やザリガニ、貝といった水生生物をはじめ、カブトムシなどの昆虫、ソメイヨシノなどの植物や、ハッサクといった果物まで、多岐にわたっている。

九州大学がザリガニやサメ、ソメイヨシノなどの3Dモデル1400点700種以上を無料公開中_001
(画像はSketchfab|桜 ソメイヨシノ Sakura Cherry Blossom より)
九州大学がザリガニやサメ、ソメイヨシノなどの3Dモデル1400点700種以上を無料公開中_002
(画像はSketchfab|モリアオガエルより)
九州大学がザリガニやサメ、ソメイヨシノなどの3Dモデル1400点700種以上を無料公開中_003
(画像はSketchfab|シュモクザメより)
九州大学がザリガニやサメ、ソメイヨシノなどの3Dモデル1400点700種以上を無料公開中_004
(画像はSketchfab|ハッサクより)

 今回これらのモデルを公開した背景には、生物標本の管理は煩雑であり、くわえて劣化や退色に対する危惧があるほか、重要標本は厳重に管理されるが故にアクセスが困難で、結局あまり利用されないといった問題があり、これらを解消する狙いがあったという。

 また公開されたモデルについてはこれ以外にも様々な目的に応用できるだろうとしており、例としては生物多様性・環境教育などに関するメタバースやバーチャルリアリティへの利用を挙げている。

 以下の画像は、Sketchfabが公開しているインポーターを利用し、公開されているモデルをUnityで表示してみたものだ。

九州大学がザリガニやサメ、ソメイヨシノなどの3Dモデル1400点700種以上を無料公開中_005

 今回公開された3DモデルのほとんどはCC BY 4.0ライセンスの下、誰でも自由にダウンロード・利用できる。

 公開中のモデルはSketchfabの、ffish.asia / floraZia.comアカウントのページより確認が可能だ。

 気になった方は実際にモデルをダウンロードして、使い方を探ってみてはいかがだろうか。

3Dモデルはクリエイティブ・コモンズ・ライセンス4.0の下、掲載を許諾されています。
“桜 ソメイヨシノ Sakura Cherry Blossom” (https://skfb.ly/otM7U) by ffish.asia / floraZia.com is licensed under Creative Commons Attribution (http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/).
“モリアオガエル ♂ Green Tree Frog, Rhacophorus arboreus” (https://skfb.ly/ooTYN) by ffish.asia / floraZia.com is licensed under Creative Commons Attribution (http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/).
“Thanks for 1K followers: Hammerhead Shark シュモクザメ” (https://skfb.ly/osruE) by ffish.asia / floraZia.com is licensed under Creative Commons Attribution (http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/).
“ハッサク Hassaku Orange, Citrus hassaku” (https://skfb.ly/ovqEN) by ffish.asia / floraZia.com is licensed under Creative Commons Attribution (http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/).
“ニホンザリガニ ♂ Jpn crayfish, Cambaroides japonicus” (https://skfb.ly/opVQT) by ffish.asia / floraZia.com is licensed under Creative Commons Attribution (http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/).
“カブトムシ ♂ Rhinoceros Beetle, Trypoxylus dichotomus” (https://skfb.ly/owFI9) by ffish.asia / floraZia.com is licensed under Creative Commons Attribution (http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/).

ライター
85年生まれ。『勇者のくせになまいきだ。』シリーズの代表的プレイヤーとして名を馳せたツルハシの化身。 10代の頃、メックシューターゲーム『ファントムクラッシュ』とその続編『S.L.A.I.』の世界にハマり、 ディスプレイ越しに見た2071年に帰るべく日々を生きる。TCGとボードゲームも好物。
Twitter:@Dump29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ