『スプラトゥーン3』通信エラーや強制終了などの不具合を修正するアップデートを9月16日に配信。「フェス」については「トリカラバトル」の発生率も調整

 任天堂は9月16日(金)、『スプラトゥーン3』の更新データ「Ver.1.1.1」を同日の午前10時より配信すると発表した。

 こちらのアップデートでは、まず通信環境によって対戦モードのバトル終了時に高い頻度で通信エラーが発生してしまう問題を修正。くわえて「オーバーフロッシャー」の弾の当たり判定や「チョウザメ造船」で意図しない場所へ入り込むことができてしまう問題などに修正が当てられている。

 「サーモンラン」においても、通信環境によってバイト終了時に通信エラーが多発する問題を修正し、さらにゲームの強制終了やステージ上に復帰できなくなってしまうなどといったエラーにも修正があてられている。また、評価ポイントが増えなかったり、報酬が獲得できなかったりといった問題も改善されたようだ。

『スプラトゥーン3』アップデート「Ver.1.1.1」を配信開始1
(画像はニンテンドーeショップ『スプラトゥーン3』販売ページより)

 「フェス」については「トリカラバトル」の発生率を変更し、守備側の勢力から見て一定以下の頻度になるように調整されているという。

 これによって「トリカラアタック」を選んでいても「ナワバリバトル」が発生してしまうという状況が増えることとなるが、そちらについては今後マッチメイクの仕組みを変更することで改善される見込みだ。マッチメイクの仕組みは12月に開幕するシーズンで変更する予定とのことである。

『スプラトゥーン3』アップデート「Ver.1.1.1」を配信開始2
(画像はニンテンドーeショップ『スプラトゥーン3』販売ページより)

 今回の更新データの配信は、フェスに関する変更と、強制終了や進行不能といったゲームの進行に大きな影響がある不具合の対処に絞って臨時に行われたものであるとのこと。

 次回の更新データは、バランスの調整と今回の更新データで修正しきれなかった問題の修正を主目的として配信される予定だ。対戦に関する状況の変化をデータから分析したうえで、現在開催中のシーズンの半ばごろにアップデートを実施するとしている。

 『スプラトゥーン3』の更新データ「Ver.1.1.1」に関する詳細については、任天堂の公式サポートページも参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ