Netflixがフィンランドに「社内ゲームスタジオ」を設立。広告やアプリ内課金なしのオリジナルゲームを開発へ。EAの元幹部がスタジオディレクターに就任

 Netflixは、フィンランドのヘルシンキに「社内ゲームスタジオ」を設立したと発表した。

Netflixがフィンランドに「社内ゲームスタジオ」を設立_001
(画像はBuilding Our Internal Games Studios – About Netflixより)

 Netflixによる「社内ゲームスタジオ」は、広告やアプリ内課金なしのオリジナルゲームを開発するために始動したスタジオだ。なお会員向けに提供するとのことなので、Netflixのプラットフォームで展開するとみてよさそうだ。

 スタジオディレクターにはMarko Lastikka氏が就任する。海外メディア Varietyによると、Marko Lastikka氏はEAの元幹部であり、Zyngaに所属をしていたことがあるようだ。

 フィンランドのヘルシンキを拠点に選んだことは、「世界でもトップクラスのゲームの才能が集まっている場所」を理由に挙げており、今年の初頭にNetflixが買収したゲームスタジオNext Gamesに続いて、Netflixによる二つ目のヘルシンキのゲームスタジオとなる。またNetflix全体では4つめのゲームスタジオとなる。

 まだ発足したばかりであり最初の1年間はゲーム開発の基盤を整えていくという。はたしてどのようなゲームがリリースされるのか、今後の動向に注目したい。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ