『スプラトゥーン3』の次期アップデートが9月30日に配信。「エナジースタンド」の不具合の対策や「ナイスダマ」の無敵時間の修正、通信エラーの対策を実施

 任天堂は9月28日、『スプラトゥーン3』の更新データVer.1.1.2を9月30日(金)の午前10時に配信すると発表した。

 今回の更新データの配信は、バトルにおけるグリッチ通信に関する問題への修正、プレイヤー操作に関わる問題の一部への修正に絞り、臨時に行われた。

 第1に、バトルに関する変更として「エナジースタンド」を地形の隅で使用した際にプレイヤーが地形の内部に入り込んでしまう問題の対策、ナイスダマのアーマーが破壊されたあと、一定時間ダメージを受けない状態になっている問題が修正された。

 第2に、通信機器やプロバイダーの設定の組み合わせなどにより、バトルやバイトを行っている間にサーバとの通信が途絶えてしまう問題の対策が行われた。前述のようなトラブルが発生した際、通信が途絶えにくくし、途絶えた場合にも復帰できるように改善される。

 第三に、ブキ「マニューバー」「ワイパー」、ギアパワー「受け身術」に関する問題が修正される。

 変更内容は以下のとおり

・マニューバーで、ZLボタンを押したままスライドを行ったとき、ZRボタンを押し続けているにもかかわらず、スライドの硬直が解けた時点で射撃をやめてイカ(タコ)になってしまう問題を修正しました。

・ギアパワー「受け身術」を使用して、受け身を行っている最中にZLボタンを押したままZRボタンを押したとき、ZRボタンを押し続けているにもかかわらず、受け身が終わった時点でイカ(タコ)になってしまう問題を修正しました。

・ワイパーで、タメ斬りの直後にヨコ斬りを行うとき、一度しかZRボタンを入力していない場合にも、2連続でヨコ斬りを行ってしまうことがある問題を修正しました。

 このほかに、通信環境の問題や通信エラーなどにより、「カタログ」や「スーパーサザエ」が獲得できない問題、ロッカーにフォトスタンドを配置して編集を終えるとゲームが強制終了する可能性がある問題が修正される。

 なお、故意に不具合を利用することなどにより、他のプレイヤーへの迷惑行為が認められた場合は、ニンテンドーアカウント利用規約に基づき「利用停止等の措置」が行われるという。

 修正内容の詳細は更新データVer.1.1.2の告知ページを参照されたい。

 次回の更新データは、バランスの調整と今回の修正しきれなかった問題の修正を主目的として配信される予定だ。対戦に関する状況の変化を、データから注意深く観察・分析したうえで、現在開催中のシーズンの半ばごろに配信される。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ