『アンダーテイル』トビー・フォックス氏と『ライブアライブ』作曲の下村陽子氏の特別対談が公開。「MEGALOVANIA」と「MEGALOMANIA」についてなどを語る

 スクウェア・エニックスは10月11日(火)、『ライブアライブ』リメイク版のサウンドトラック「LIVE A LIVE HD-2D Remake Original Soundtrack」の発売を記念し、作曲家である下村陽子氏『アンダーテイル』作者のトビー・フォックス氏によるスペシャルインタビューを公開した。

 『ライブアライブ』はもともと、1994年にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたRPG。『オクトパストラベラー』『トライアングルストラテジー』で活用されてきた「HD-2D」表現を用いたNintendo Switch版が7月22日(金)に発売された。

 『ストリートファイターII』『キングダム ハーツ』シリーズなどの楽曲でも知られる下村陽子氏は、原作『ライブアライブ』にて楽曲制作を担当。リメイク版では全楽曲の監修にあたってきた。

 一方のトビー・フォックス氏は『アンダーテイル』や『デルタルーン』の制作者として知られるほか、それらの作品の楽曲面でも高い評価を獲得している。特に『アンダーテイル』の音楽の中でも高い人気を誇る「MEGALOVANIA」は、下村陽子氏が手がけた『ライブアライブ』の名曲「MEGALOMANIA」にインスパイアされたものだという。

トビー・フォックス氏と下村陽子氏の特別対談が公開1
(画像はスクウェア・エニックス公式インタビューページより)

 こうした経緯もあり、今回『ライブアライブ』リメイク版のオリジナルサウンドトラックの発売を記念して、下村陽子氏とトビー・フォックス氏の対談が公開された形だ。両氏を表現したキュートなイラストは『アンダーテイル』デザイナーでもあるTemmie Chang氏が描きおろしたものを用いている。

 対談の中ではその「MEGALOMANIA」と「MEGALOVANIA」についてのトークはもちろん、トビー・フォックス氏と『ライブアライブ』の出会い、ふたりがゲーム音楽を作り始めたきっかけについて、そしてリメイク版におけるアレンジ楽曲に関してなど、幅広いトピックが取り上げられた。

 1万字を超えるロングインタビューとなっているので、興味を持たれた方はぜひ公式ページをチェックしよう。なお、インタビュー中には『ライブアライブ』と『アンダーテイル』のストーリー面に関するネタバレがふくまれていることには注意されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月9日14時~2023年2月9日15時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ