『死印』『NG』に続く新作ホラーゲーム『死噛 ~シビトマギレ~』発売開始。『死印』の正当な続編にあたり、仲間と事件を調査する「バディシステム」を継承

 エクスペリエンスは12月1日(木)、ホラーアドベンチャーゲーム『死噛 ~シビトマギレ~』をNintendo SwitchとPS4向けに発売した。あわせて、Nintendo Switch版が19%オフ6900円(税込)、PS4版が20%オフ6864円(税込)で購入できる発売記念セールを開催中だ。

 『死噛 ~シビトマギレ~』は『死印』『NG』に続く「心霊ホラーADVシリーズ」の最新作。第1弾の『死印』の正当な続編にあたり、東京都H市にある名門「近衛原学園」で起こる怪異事件に“怪医家”の異名を持つ主人公が挑む。複数回のクラウドファンディングを経て発売にいたった経緯を持つ、シリーズの根強い人気を感じさせる作品でもある。

 本作では施設の移動時にシリーズ初のサイドビューを採用。調査時の一人称視点と組み合わさることで、より作品に没入し怖さを感じることができるようになった。

 またシリーズの特徴である「バディシステム」も強化が施されている。好きな仲間と一緒に事件を調査するだけでなく、シーンにあわせた同行者を選ぶことで成功度が変化する「サスペンシブアクト」によってサスペンス要素もさらに楽しむことができるという。

『死噛 ~シビトマギレ~』発売開始。『死印』の正当な続編にあたるホラーゲーム1
(画像はニンテンドーeショップ『死噛 ~シビトマギレ~』販売ページより)

 なお本作のゲーム実況や配信については、2023年1月31日(火)まで、クラウドファンディングを通じて配信の権利を取得したプレイヤー以外の動画配信が禁じられている。2023年2月1日(水)以降は、エクスペリエンスが定めるガイドラインの範疇で配信を許諾するといった形だ。

 『死噛 ~シビトマギレ~』はNintendo SwitchとPS4向けに現在販売中。12月14日(水)まで開催中のセールにおいては、PS4版のみPlayStation Plus加入者のみがセール対象となる。本作の詳細については公式サイトなども参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月1日01時~2023年2月1日02時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ